札幌の観光ガイド

年間1000万人が訪れる全国5位の人口を誇る北海道の中心都市

パソコン版・札幌を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・札幌を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

札幌市時計台

1878年に札幌農学校の演武場として建てられた札幌のシンポル

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1878年建設、現在も時間を刻む札幌のシンポルとなっている札幌市時計台の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
札幌の定番観光スポットとなっている札幌市時計台

定番観光スポットとなっている

札幌市時計台。

国の重要文化財に指定される貴重な歴史的建造物となっている札幌市時計台

国の重要文化財に指定される

歴史的建造物。

建設から140年を過ぎる現在も正確に時を刻む札幌市時計台

建設から140年を過ぎる現在も

正確に時を刻む時計。

建物の中は一般公開されていて、札幌市時計台の歴史を紹介する展示室

建物の中は一般公開されていて

時計台の歴史を紹介する展示室。

音楽会などが開かれる札幌市時計台の2階ホール

音楽会などが開催される

2階ホール。

札幌市時計台の2階の天井に見られる塔の時計機械室へ通じるハシゴ

2階の天井に見られる

塔の時計機械室へ通じるハシゴ。

コメント

札幌のシンボルであり、有名観光スポットとなっている札幌市時計台。見学は自由ですが、建物の入館は有料です。

道路に面して広いスペースもない場所に建っていますが、いつも観光客が多く、撮影スポットとしても人気があります。

今でも時間を刻み、鐘が鳴っている時計は、古い鳩時計と同じ仕組みでオモリを利用して動かしています。オモリには、150kgの石を入れた箱が使われ、週に2回、人の力で巻き上げているそうです。

塔にある時計のイメージが強すぎて、時計台を初めて訪れたとき、建物内が一般公開されていることに驚いた記憶があります。2階建となっている建物は、時計台の歴史や構造を紹介する資料室となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加