知床の観光ガイド

世界自然遺産に登録されている手つかずの大自然が残る半島

パソコン版・知床を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・知床を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

流氷

1月下旬ころに接岸し、オホーツク海を覆う冬の風物詩

1月下旬ころに接岸し、オホーツク海を覆う冬の風物詩の流氷

写真

はクリックすると拡大表示できます
ウトロの海岸線を覆う流氷の風景

ウトロの海岸線を覆い尽くす

流氷の風景。

沖合まで氷が続き、オホーツク海は流氷一色

沖合まで氷が続き

雄大な景色の広がるオホーツク海。

道の駅から近いオロンコ岩から眺める流氷

道の駅から近い

オロンコ岩から眺める流氷。

船は陸に上げられ、港は流氷一色となり、雪景色をした知床連山

船は陸に上げられ、港も氷一色。

後ろは、雪景色の知床連山。

夕方になると空を赤く染め、流氷の中へ沈む太陽

夕方になると空を赤く染め

流氷の中へ沈む太陽。

夕焼けを拡大してみると流氷の割れ目が輝く、細い光

夕焼けを拡大してみると

流氷の割れ目が輝く、細い光。

コメント

オホーツク海の冬の風物詩とも言える流氷。

一日に数十kmも移動することのある流氷は、タイミング良く行かないと見られないこともあります。

その中でも、知床半島はオホーツク海に突き出した地形のため、ウトロ周辺では比較的、流氷が簡単に眺められ、しかも接岸日数も長いのが特徴となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加