十和田湖の観光山ガイド

青森と秋田の県境に位置し、噴火によって形成されたカルデラ湖

パソコン版・十和田湖を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・十和田湖を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

乙女の像

1953年に彫刻家の高村光太朗が制作したブロンズ像

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1953年に彫刻家の高村光太朗が制作したブロンズ像の乙女の像の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
十和田湖のほとりに静かに立つ乙女の像

十和田湖のほとりに立っている

乙女の像。

十和田湖の乙女の像は、妻・智恵子がモデルとなったブロンズ裸婦像

妻・智恵子がモデルとなった

ブロンズ裸婦像。

コメント

十和田湖のシンボルになっている「乙女の像」。見学は自由です。

十和田の町を世間に広めた三人(大町桂月・当時県知事・当時村長)の功績をたたえ、1953年に彫刻家・高村光太朗が制作したブロンズ像。

今では、十和田湖の観光スポットとなっていて、高さ2mある裸婦像は肉体美を美しく表現しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加