龍飛崎の観光ガイド

津軽海峡を挟み北海道が目の前に見える津軽半島最北端の岬

パソコン版・龍飛崎を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・龍飛崎を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

観光案内所

龍飛崎の観光・宿泊・食事・交通などを紹介する観光案内所

龍飛崎の観光・宿泊・食事・交通などを紹介する観光案内所

写真

はクリックすると拡大表示できます

コメント

小説家・太宰治ゆかりの宿であった「旧奥谷旅館」を利用した観光案内所。

1902年から100年にわたり、北の果ての宿として営業していた奥谷旅館が閉館し、2008年より観光案内所となりました。

「走れメロス」「お伽草紙」「人間失格」などの作品で有名になっている小説家・太宰治が「津軽」の取材のため、1944年に津軽地方を旅行した時に、宿泊しました。太宰治が実際に泊まった部屋も復元されています。

館内には、太宰治を始め、津軽にゆかりのある著名人の作品や写真などが展示されています。

また、道路を挟んだ海岸側に小説「津軽」が刻まれた太宰治の記念碑が建てられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加