金華山の観光ガイド

金運のパワースポットとして注目される牡鹿半島の沖合にある島

パソコン版・金華山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・金華山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

桟橋

金華山の玄関口となっている観光船の到着する桟橋

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
金華山の玄関口となっている観光船の到着する桟橋の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
牡鹿半島から見た金華山の桟橋

牡鹿半島から見た金華山。

矢印のところが桟橋。

波は静かでおだやかな金華山桟橋の風景

波は静かで

おだやかな桟橋の風景。

唯一の交通手段の観光船が発着する金華山の重要な港

唯一の交通手段の観光船が

発着する港。

金華山の桟橋から見える海の透明度は高く、美しいコバルトブルー

透明度は高く

コバルトブルーの美しい海。

金華山の桟橋でカモメが羽を休め、釣り人も見られる、のどかな光景

カモメが羽を休め

釣り人も見られる、のどかな光景。

宮城県の特産品など販売していた金華山おみやげセンター

かつて、おみやげを販売していた

売店などの建物(津波により全壊)

コメント

観光船が到着し、金華山の玄関口となっている桟橋。

桟橋から黄金山神社までは坂道を10分ほど上ったところにあるため、無料の送迎車も待機しています。

なお、掲載している写真は東日本大震災の前に撮ったもので、売店やチケット売り場などの建物は津波により全壊してしまい、現在は何もありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加