会津若松の観光ガイド

古くは城下町として発展した古い街並みや歴史文化の残る観光名所

パソコン版・会津若松を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・会津若松を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

鶴ヶ城

1868年、幕末の戊辰戦争で激戦地となったお城

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1868年、幕末の戊辰戦争で激戦地となった鶴ヶ城の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
会津若松の観光スポットとなっている鶴ヶ城

会津若松を代表する

観光スポットの鶴ヶ城。

白壁と石垣が美しく引き立つ鶴ヶ城の天守閣

白壁と石垣が美しく引き立つ

鶴ヶ城の天守閣。

コンクリート造で復元されている鶴ヶ城は歴史を紹介する資料館

コンクリート造で復元されている

館内は歴史を紹介する資料館。

鶴ヶ城天守閣の1階入口にある現存する400年前の石積み

1階入口に展示されている

現存する400年前の石積み。

展望フロアとなっている鶴ヶ城天守閣の最上階

展望フロアとなっている

天守閣の最上階。

鶴ヶ城の最上階からは眺める景色は360度のパノラマ展望

最上階から眺める景色は

360度のパノラマ展望。

鶴ヶ城から眺めるJR会津若松駅のある北方向の景色

JR会津若松駅のある

北方向の景色。

4月中旬に鶴ヶ城を訪れた時に見えた雪景色をした磐梯山

4月中旬に訪れた時に見えた

雪景色の磐梯山。

鶴ヶ城の天守閣の隣に木造建築で復元された干飯櫓・南走長屋

天守閣の隣に木造建築で

復元された干飯櫓・南走長屋。

敵が攻めてきたときに使用する銃眼や石落しを人形で再現している会津若松の鶴ヶ城

敵が攻めてきたときに使用する

銃眼や石落しを人形で再現。

コメント

会津若松のシンボルとなっている鶴ヶ城。入館は有料です。

1384年に葦名直盛が築城したと言われ、1593年に蒲生氏郷が7層天守閣を完成させ、鶴ヶ城と命名しました。その後、戊辰戦争で一ヶ月の激戦が城内で繰り広げられ、傷ついた天守閣は1874年に取り壊されました。

現在ある天守閣は、1965年に鉄筋コンクリート造で復元され、戊辰戦争や会津の歴史を始め、会津漆器や本郷焼などを紹介する資料館となっています。また、最上階は展望台となっているため、眺めが非常に良く、会津若松市内から磐梯山まで見えます。

2000年に干飯櫓(ほしいやぐら)と南走長屋(みなみはしりながや)が木造で復元されました。櫓と天守閣が走長屋でつながっている姿を見学することができ、特に屋根が黒瓦ではなく、寒さに強い赤瓦を使用しているところも必見となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加