東京駅の観ガイド

駅舎の復原や商業ビルの開業で注目度の上がった東京のランドマーク

パソコン版・東京駅を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・東京駅を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

皇居東御苑(江戸城跡)

徳川家康・秀忠・家光によって築かれた城跡を利用した公園

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
徳川家康・秀忠・家光によって築かれた城跡を利用した東京の皇居東御苑(江戸城跡)の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
特別史跡に指定されている江戸城跡の皇居東御苑

特別史跡に指定されている

江戸城跡の皇居東御苑。

広い園内は綺麗に整備されていて歴史散策のできる公園となっている江戸城跡の皇居東御苑

広い園内は綺麗に整備されていて

歴史散策のできる公園。

火災による焼失前には国内最大の天守閣が立っていた江戸城の天守台

火災による焼失前には

国内最大の天守閣が立っていた場所。

天守閣が焼失後、天守の代わりとして使用された富士見櫓の残る江戸城跡の皇居東御苑

天守閣が焼失後、天守の代わりとして

使用された富士見櫓。

江戸城の正門として使用されていた本丸の大手門

江戸城の正門として使用されていた

本丸の大手門。

100名が検問を行っていた百人番所は、東京大空襲を逃れ、現存する貴重な建物となっている江戸城跡の皇居東御苑

100名が検問を行っていた百人番所。

空襲を逃れ、現存する貴重な建物。

江戸城跡の皇居東御苑で2005年から2年をかけて修復工事の行われた石垣

2005年から2年をかけて

修復工事の行われた石垣。

非常時、大奥の家具などを避難させる本丸の隅の方にある石室

非常時、大切な物を避難させる

本丸の石室(いしむろ)

皇居東御苑として一般公開されている江戸城二の丸

皇居東御苑として一般公開されている

江戸城二の丸。

江戸城跡の皇居東御苑にある宮内庁の持つ絵画などを展示する入館無料の三の丸尚蔵館

宮内庁の持つ絵画などを展示する

三の丸尚蔵館(入館無料)

コメント

かつて、江戸城の本丸・二の丸・三の丸があった場所に整備されている東京ドーム4個分の広さの皇居東御苑。入園は無料です。

広い園内には、芝生広場や遊歩道が整備されていて、富士見櫓・百人番所・同心番所・桜田二重櫓・石垣など現存する建物も含めて、随所に歴史的建造物が残っています。

その中心とも言える場所が江戸城の天守台。この上に立っていた天守閣は、1657年に火災で焼失、その後、再建されることはなく、石垣部分だけが残され、歩いて上ることができます。

天守台に上がって驚いたのは、その大きさ。当時、大阪城や姫路城の2倍の規模を誇り、天守閣の高さは58m、日本で最大の木造建造物だったようです。

本丸の東側に位置する二の丸は、池のある広い庭園となっていて、47都道府県の代表的な木も植えられ、散歩気分で歩けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加