横浜山手町の観光ガイド

開港に伴い外国人居留地として発展し、今も多くの西洋館が残る街

パソコン版・横浜山手町を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・横浜山手町を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

ベーリックホール

1930年の建築、現存する個人邸としては山手町で最大級の建物

1930年の建築、現存する個人邸としては山手町で最大級のベーリックホール

写真

はクリックすると拡大表示できます
イギリス人の貿易商、ベリック氏の邸宅として建築

イギリス人の貿易商、

ベリック氏が建てた邸宅。

バスルームで見かけたお洒落な四つ葉型の小窓

バスルームで見かけた

お洒落な四つ葉型の小窓。

驚くことに地下室は暖房室だった当時の姿が残るベーリックホール

暖房室だった当時の姿が残る

地下室の様子。

山手を代表する歴史的建造物のベーリックホール

山手を代表する歴史的建造物の

ベーリックホールについて。

コメント

2002年から一般公開が始まり、山手に残っている個人宅では最大で見学できる部屋も多く、とても広いベーリックホール(旧ベリック邸)。入館は無料です。

まず、道路から大きな門を入ると庭があり、そこから眺める景色は異国情緒ある景色が広がっています。

館内は広いホールや地下室、窓、床、階段など細かいところまでこだわりが伝わり、案内パネルには「この建物には、デザイン上、数多くの見どころがあります」と書かれていた事にも納得。

このエントリーをはてなブックマークに追加