江ノ島の観光ガイド

周囲4kmの島に自然と数多くの観光スポットがある人気の景勝地

パソコン版・江ノ島を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・江ノ島を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

サムエル・コッキング苑

2003年にリニューアルした、四季折々の草花が植えられた庭園

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
2003年にリニューアルした、四季折々の草花が植えられた江ノ島サムエル・コッキング苑の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
園内にある展望灯台も立つサムエル・コッキング苑

園内には展望灯台も立つ、

サムエル・コッキング苑。

1949年まで温室のあった場所を発掘し、遺構を見学可能なサムエル・コッキング苑

1949年まで温室のあった場所を

発掘して、その遺構を公開。

サムエル・コッキング苑には花も植えられていて、写真は色鮮やかなシバザクラ

様々な花も植えられていて、

色鮮やかなシバザクラ。

メニューにタコライス等があるカフェレストランGABO

タコライスなどが人気となっている

カフェレストランGABO。

そば打ち体験教室を開いているそば道場「松本館」

そば打ち体験教室を開いている

そば道場「松本館」

コッキング氏が江ノ島のこの場所に造った庭園について

コッキング氏が江ノ島のこの場所に

造った庭園について。

展望灯台の下にある郷土資料館では初代の灯台レンズなどを展示するサムエル・コッキング苑

展望灯台の下にある郷土資料館。

初代の灯台レンズなどを展示。

館内には写真も多く展示され、昔の江ノ島の姿が分かる貴重な写真

館内には写真も多く展示され、

昔の江ノ島の姿が分かる貴重な写真。

コメント

1883年、当時イギリス貿易商だったコッキング氏が、この江ノ島に造園した庭園のサムエル・コッキング苑。入園は有料です。

その後、1949年に江ノ島植物園として開園し、2003年には再整備を行い、江の島サムエル・コッキング苑としてリニューアルオープンしました。

写真は掲載していませんが、景色の見える場所に立つlon cafeは、お洒落なオープンテラスのレストランで、洋食のランチメニューなどもありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加