江ノ島の観光ガイド

周囲4kmの島に自然と数多くの観光スポットがある人気の景勝地

パソコン版・江ノ島を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・江ノ島を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

岩屋洞窟

江の島散策の一番奥にある、波によって浸食され造られた洞窟

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
岩屋洞窟・江ノ島の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
入口は狭く、内部は大きな空間の岩屋洞窟

入口は狭く、内部は大きな空間の

岩屋洞窟。

奥の方へ進むと、真っ暗で、ローソクを手に持って歩く江ノ島の岩屋洞窟

洞窟を奥へ進むと、真っ暗なため、

ローソクを手に持って歩く。

岩屋洞窟には石像がこのように立ち並び、一番奥にあるのが、寝姿の寝婆石

石像がライトアップされ、

一番奥にあるのが、寝姿の寝婆石。

木で足場を造っていた大正時代の岩屋洞窟の写真

木で足場を造っていた

大正時代の岩屋洞窟の写真。

コメント

島の一番、奥にある自然に造られた、長さ152mと112mの2つの洞窟がある岩屋洞窟。見学は有料です。

実際に入ってみると広い空間が広がっていて、洞窟が100m以上と深く、波の力でこんな空洞ができるとは不思議な光景でした。

面白いのが、途中にローソクを手渡され、その灯りを頼りに石像の立ち並ぶ、狭い洞内を歩きます。少しばかり冒険気分になれるかもしれません。

鍾乳洞と違い、空洞なので鮮やかさはありませんが、弘法大師が訪れた言い伝えや長い間、閉鎖されていたことなど考えると貴重な洞窟だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加