日光の観光ガイド

世界文化遺産、歴史的建造物の二社一寺を中心とした人気の観光名所

パソコン版・日光を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・日光を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

二荒山神社

僧侶・勝道上人が創建したと伝わる、三つの山の神を祀る神社

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
僧侶・勝道上人が創建したと伝わる、三つの山の神を祀る日光二荒山神社の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
開運や縁結びの神様としても有名な二荒山神社

日光の山の神「二荒山大神」を祀る

二荒山神社。

国の重要文化財に指定される長さ16mの二荒山神社拝殿

国の重要文化財に指定される

長さ16mの拝殿。

二荒山神社の神門を挟んで両方に立つ御神木は左が夫婦杉、右が親子杉

神門を挟んで両方に立つ御神木。

左が夫婦杉、右が親子杉。

大国殿・霊泉・パワースポットのある二荒山神社の神苑

大国殿・霊泉・パワースポットのある

神苑の入口。

コメント

男体山頂上に奥宮、中禅寺湖畔に中宮祠があり、かつては山岳信仰の中心となっていた二荒山神社。参拝に拝観料は必要ありませんが、神苑へ入るには拝観料が必要となります。

開運や縁結びの神様として有名な神社。1999年には世界遺産に登録され、境内に建つ本殿・神門・拝殿・鳥居・神輿舎・大国殿は国の重要文化財に指定される歴史的建造物となっています。

拝観料が必要となりますが、神苑には神様が降りて来られると言われる場所がパワースポットになっていたり、湧水の出ている二荒霊泉、縁結びの笹飾り、大黒様を祀る大黒殿などあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加