尾瀬の観光ガイド

標高1400m、貴重な自然が残されている特別天然記念物の大湿原

パソコン版・尾瀬を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・尾瀬を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

尾瀬ヶ原

日本有数の高山植物が咲き、尾瀬散策の中心地となっている湿原

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
尾瀬・尾瀬ヶ原の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
湿原の中を果てしなく続く木道に360度の自然が広がる尾瀬ヶ原

湿原の中を果てしなく続く木道と

360度、大自然の広がる尾瀬ヶ原。

尾瀬ヶ原で二本ある木道は右側通行で、木道から外れて、湿原の歩行は禁止

二本ある木道は右側通行で、

木道から外れて、湿原の歩行は禁止。

尾瀬ヶ原の周りは高い山に囲まれ、標高2228mの至仏山

周りは高い山に囲まれ、うしろの山は

標高2228mの至仏山。

至仏山の頂上から見た尾瀬ヶ原の湿原

至仏山の頂上から眺める

尾瀬ヶ原の湿原。

900種の植物が自生する日本有数の尾瀬ヶ原

900種の植物が自生する尾瀬は

日本有数の撮影スポット。

尾瀬ヶ原の沼地で小さな花を咲かせていたヒツジグサ

沼地で小さな花を咲かせていた

未草(ヒツジグサ)

8月中、尾瀬のいたる所で見られるオゼミズギク

尾瀬のいたる所で見られる

尾瀬水菊(オゼミズギク)

美しい紫色の花を咲かせ、尾瀬ヶ原で群生するサワギキョウ

美しい紫色の花を咲かせ、群生する

沢桔梗(サワギキョウ)

尾瀬ヶ原の湿原には小川も流れていて、川底にヤマメを発見

湿原には小川も流れていて、

川底にヤマメを発見。

交通アクセスのない尾瀬で見かける食料やゴミを運ぶ歩荷

交通アクセスのない尾瀬で見かける

食料やゴミを運ぶ歩荷(ボッカ)

コメント

群馬・福島・新潟の3県にまたがり、6km×2kmの大湿原が広がっている尾瀬ヶ原。

広い湿原の中を木道が続き、高山植物の花が数多く咲くことから、春のミズバショウ・夏のニッコウキスゲは特に有名で全国から多くの人が訪れます。

尾瀬ヶ原の散策は木道を歩くことになります。痛みやすい木道は破損、あるいは修理をしてあるところも多く、常に気を付けて歩かないと、足を踏み外すと大変危険です。この日、ケガをして搬送される観光客を目にしました。やはり、木道から下に落ちて負傷したようで、担架で4人に担がれ木道を運ばれ、山ノ鼻でヘリコプターに吊り上げられていました。ここは尾瀬の真ん中、道路もヘリポートもなく、ケガだけはしないように注意して歩きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加