尾瀬の観光ガイド

標高1400m、貴重な自然が残されている特別天然記念物の大湿原

パソコン版・尾瀬を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・尾瀬を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

尾瀬沼

周囲8kmの大きさを誇る、燧ヶ岳の崩落によって形成された沼

燧ヶ岳の崩落によって形成された、周囲8kmの尾瀬沼

写真

はクリックすると拡大表示できます
燧ヶ岳の下に広がる尾瀬沼

燧ヶ岳のすそ野に広がる

尾瀬沼。

沼の畔に立つ収容人数50名の山小屋の尾瀬沼山荘

沼の畔にたつ収容人数50名の山小屋

尾瀬沼山荘。

尾瀬沼の北側にある展望の良い休憩所

尾瀬沼の北端に位置する沼尻にある

展望の良い休憩所。

沼尻の休憩所から目の前に広がる草原のような尾瀬沼

沼尻の休憩所から目の前に広がる

草原のような沼地。

コメント

大昔、燧ヶ岳の大崩落によって沼尻川がせき止められ、造り出された尾瀬沼。

尾瀬沼の標高は1670mもあり、尾瀬ヶ原の標高1400mに比べて270mも高いことになります。

沼の周囲には、遊歩道が整備されていて、ミズバショウ・ニッコウキスゲなどの高山植物が咲くことから、お花の名所にもなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加