尾瀬の観光ガイド

標高1400m、貴重な自然が残されている特別天然記念物の大湿原

パソコン版・尾瀬を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・尾瀬を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

遊歩道

距離3km、鳩待峠と尾瀬ヶ原を結ぶ木道の散策コース

距離3km、鳩待峠と尾瀬ヶ原を結ぶ散策コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
尾瀬散策の出発地点の鳩待峠から尾瀬ヶ原を目指し、遊歩道のスタート

尾瀬散策の出発地点の鳩待峠。

ここから山ノ鼻を目指し、スタート→

尾瀬の遊歩道のスタート直後は木々に覆われた下り坂

スタート直後は

木々に覆われた下り坂。

下り坂が終わると二本の木道にかわり、尾瀬の木道は右側通行

下り坂が終わると二本の木道。

木道は右側通行。

尾瀬の遊歩道から少し見える日本百名山の至仏山

木々の間から少し見える

日本百名山の至仏山。

深い森の中に尾瀬の遊歩道は造られ、360度の大自然の尾瀬

深い森の中に遊歩道は造られ、

360度の大自然。

吊られた鐘をハンマーで叩く仕組みの遊歩道に設置されている熊よけ

遊歩道に設置されている熊よけ。

吊られた鐘をハンマーで叩く仕組み。

尾瀬の遊歩道を歩いていると時々、見かけるトリカブト

歩いていると時々、見かける

トリカブト。

スタートから30分ほどで見かける巨大岩を迂回する尾瀬の木道

スタートから30分ほどで出てくる

巨大岩を迂回する木道。

遊歩道が急に開けて現れる尾瀬の川上川

目の前が急に開けて現れる

比較的大きな川上川。

山小屋が見えてくると尾瀬ヶ原の山ノ鼻に到着

そして、山小屋が見えてくると

尾瀬ヶ原の山ノ鼻に到着。

コメント

尾瀬ヶ原へ向かうために、良く利用されている鳩待峠からの遊歩道。

鳩待峠から山ノ鼻まで距離3km、時間にして1時間ほどのコースとなっています。遊歩道は木道が整備されているため、歩きやすく、尾瀬ヶ原へ入る場合、一番利用されている定番コースとなっています。

問題は、鳩待峠→山ノ鼻は、標高1600m→1400mの下りとなります。つまり、行きは楽々、帰りは上り坂になります。そのようなこともあり、歩きやすい靴で出かけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加