尾瀬の観光ガイド

標高1400m、貴重な自然が残されている特別天然記念物の大湿原

パソコン版・尾瀬を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・尾瀬を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

ハイキングコース

距離13km、大清水から尾瀬ヶ原までのハイキングコース

距離13km、大清水から尾瀬ヶ原までの登山&ハイキングコース

写真

はクリックすると拡大表示できます
大清水のハイキングコース入口から尾瀬ヶ原を目指し、スタート

大清水のハイキングコース入口。

尾瀬ヶ原を目指し、スタート→

スタート直後は、のんびり歩ける3km続く林道のハイキングコース

スタート直後は、のんびりと歩ける

3km続く林道。

林道が終了すると登山道のような急坂へ変貌するハイキングコース

林道が終了すると

登山道のような急坂へ変貌。

冷たい水が湧き出る水場の名水「石清水」

しばらく登り続けると現れる

冷たい水が湧き出る名水「石清水」

キツイ急坂や階段が30分ほど続き、その後、平坦な木道に変わる三平峠

キツイ急坂や階段が30分ほど続き、

その後、平坦な木道に変わる三平峠。

スタートから2時間、山小屋が見えてくると尾瀬沼に到着

スタートから2時間、

山小屋が見えてくると尾瀬沼に到着。

沼の西側ルートを歩くと木々の間から眺められる尾瀬沼

沼の西側ルートを歩くと

木々の間から眺められる尾瀬沼。

尾瀬沼を通過して、少しして現れる湿地帯と木道の続く、美しい景色のハイキングコース

尾瀬沼を通過して、少しして現れる

湿地帯と木道が続く、美しい景色。

その後、アップダウンを繰り返し木々の中を進むハイキングコース

その後、アップダウンを繰り返し

木々の中を進む木道。

ハイキングのスタートから4時間、尾瀬ヶ原の東端に位置する見晴に到着

スタートから4時間、

尾瀬ヶ原の東端の見晴に到着。

コメント

車で気軽にアクセスできる大清水からスタートする尾瀬ヶ原のハイキングコース。

大清水から見晴まで、高低差550m、距離13km、時間にして4~5時間のコースとなっています。

ハイキングコースとしていますが、一ノ瀬と三平峠の間は距離2kmで高低差350mあり、ここだけは登山と言えるくらい、キツイ登りが続きます。

なお、2015年より、大清水と一ノ瀬の間にある距離3kmの林道でシャトルバスの運行が始まりました。バスを利用すると多少、時間の短縮となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加