富士山の登山ガイド

標高3776m、2013年に世界文化遺産に登録された日本一の名峰

パソコン版・富士山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・富士山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

吉田ルート(八合目→剣ヶ峰)

多くの山小屋が立ち並ぶ、富士登山で一番人気の吉田ルート

富士登山で一番人気の吉田ルートを山頂まで紹介

写真

はクリックすると拡大表示できます
富士山頂を目指して、八合目を出発

※吉田ルート(七→八合目)の続き。

山頂を目指して、八合目を出発→

足下は岩場が続き、茶色の火山灰に覆われる富士山

足下は岩場が続き、

茶色の火山灰に覆われる富士山。

標高3600mの九合目の鳥居を通過し、ゴールの富士山頂は目の前

標高3600m。

九合目の鳥居を通過。

鳥居を過ぎると、富士山頂は目の前で、キツイ超急坂の連続

鳥居を過ぎると、山頂は目の前。

しかし、キツイ急坂の連続。

久須志神社のある富士山頂に到着すると感動の瞬間

富士山頂に到着。

疲れも吹き飛ぶ、感動の瞬間。

富士山からの眺めは荒れた大地に青い空、綺麗な景色

山頂からの眺め。

荒れた大地に青い空の広がる絶景。

火口の反対側にある標高3776mの剣ヶ峰へ向かう

次は標高3776mの剣ヶ峰へ向かう。

場所は火口の反対側(写真中央)

富士山火口の周りを歩いて目指すが、日本とは思えない不思議な光景

火口を歩いて剣ヶ峰を目指すが、

日本とは思えない光景が続く。

見えてきた最終目標の富士山最高峰の剣ヶ峰

見えてきた剣ヶ峰。

空気が薄いため、最後の坂もキツイ。

日本で一番高い場所の富士山の剣ヶ峰に登頂

ついに、日本で一番高い場所

剣ヶ峰に到着。

コメント

八合目を過ぎると標高は3400m、九合目で標高3600m、山頂の空気は平地の60%くらいとなるため、一歩一歩が重く、なかなか進めなくなり、登った人しか分からない、酸素の薄いことが実感できと思います。特に九合目から山頂までの急坂は、かなりキツイです。

登頂して、ご来光を拝んだら、下山する人が多いですが、ここまで登ってきたら、日本最高所の標高3776mの剣ヶ峰にもチャレンジしましょう。火口を半周する必要があるため、剣ヶ峰まで時間にすると40分くらいかかります。

富士登山の特徴として、登山経験のない人も多く登ります。初心者の方は、色々と調べて準備万端でチャレンジしましょう。標高の高い山は、天気が急変しやすく、レインウェアは必須です。8月でも早朝は真冬並みになるため、防寒着も必要。岩場が多いので登山靴・手袋・ヘッドライトなど、また、疲れた時、すぐにエネルギーとなるチョコを持って行く人も多いです。

いきなり、富士登山ではなく、事前にトレーニングしたり、他の山へ登ったり、コンディション作りも大切になります。登っているときは、小さな歩幅の省エネ歩行が基本で、休憩を取りながら、水分を小まめに補給して、マイペースで登りましょう。そして、問題となるのは富士山頂の酸素量が60%しかないこと。そのため、頭痛・めまい・吐き気・脱力感などの高山病になる人も多く、その場合、すぐに下山する必要があります。

また、山小屋は、宿泊ではなく、仮眠する所と考えた方が良いです。お風呂はなく、狭いところにみんなで雑魚寝して快適ではありません。晩ご飯はカレーが多く、朝食は弁当、一泊二食付きで7000円前後。トイレは山小屋にあり、100~200円で利用できるため、小銭を多く持って行きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加