富士山の登山ガイド

標高3776m、2013年に世界文化遺産に登録された日本一の名峰

パソコン版・富士山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・富士山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

富士宮ルート(七合目→山頂)

富士山頂まで最短で登ることのできる富士宮口登山道

富士山頂まで最短で登ることのできる富士宮口登山道

写真

はクリックすると拡大表示できます
七合目・山小屋の横から富士登山スタートする富士宮ルート

※富士宮ルート(五→七合目)の続き。

山頂を目指し、七合目をスタート→

七合目を出発して、しばらくすると現れる大きな岩が続く、特徴的な光景の富士山

七合目を出発するとすぐに現れる

大きな岩が横たわる特徴的な光景。

富士宮ルートの登山道全体に過去の噴火跡、火山礫や火山灰が多い富士山

登山道全体に過去の噴火跡が見られ、

火山礫や火山灰が多い。

さらに険しい急坂が続き、見えてきた標高3250m、富士山富士宮ルートの八合目の池田館

さらに険しい急坂が続き、見えてきた

標高3250m、八合目の池田館。

富士宮ルートで見える眼下の景色は雲の間に、富士川や相模湾

この辺りで眺められる眼下の景色。

雲の間に見える富士川や相模湾。

マウンテンバイクを担ぐ登山者にも遭遇した富士宮ルート

多くの登山者が登る中、

マウンテンバイクを担ぐ人にも遭遇。

空気が薄いことを実感しなが到着した富士山の標高3460m、九合目の萬年雪山荘

空気が薄いことを実感しながら到着。

標高3460m、九合目の萬年雪山荘。

富士山の富士宮ルートから眺める九合目からの景色と登山スタートの5合目

九合目から眺める景色。

矢印の所が、登山スタートの5合目。

山頂が大きく見え、ラストスパートでも、最後の急勾配は超過酷な富士宮ルート

山頂が大きく見え、ラストスパート。

しかし、最後の急勾配は超過酷。

富士宮ルートのキツイ急坂を登り切ると富士山頂の浅間大社奥宮に到着

キツイ急坂を登り切ると

富士山頂の浅間大社奥宮に到着。

コメント

六合目から山頂まで、砂れきや岩場ばかりの急な登山道が続き、ホッと気が休まるポイントがほとんどなく、そのようなことから山小屋の前は休憩にピッタリでした。

標高が3000mを越える八合目からは、空気も薄くなってくるため、高山病の危険もあります。そのため、期間限定ではありますが、八合目に医師が常駐する救護所が開設されるため、頭痛・めまいなど体調不良を感じた場合は、相談してみるのも良いと思います。

九合目から山頂までの約1時間は、更に空気が薄くなるため、足が前に進まなくなり、一歩一歩がかなり重く感じるほどの登りとなります。気合いを入れて望みましょう。

掲載した写真の最後は、ゴールとして浅間大社奥宮を載せていますが、日本最高点となる標高3776mの「剣ヶ峰」は、浅間大社奥宮から20分ほどです。是非、日本一の場所に立ってみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加