新潟市の観光ガイド

日本一の信濃川が市内を流れ、港町として栄えた歴史の残る水の都

パソコン版・新潟市を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・新潟市を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

新潟市水族館「マリンピア日本海」

2013年にリニューアルオープンして新しくなった水族館

2013年にリニューアルして新しくなり、450種・20000点の魚や水中生物を飼育する新潟市水族館「マリンピア日本海」

写真

はクリックすると拡大表示できます
迫力あるトンネルとなっている新潟市水族館「マリンピア日本海」の日本海大水槽

海中気分が楽しめる

日本海大水槽のマリントンネル。

サメも頭の上を通り過ぎる、トンネル水槽から見た光景

サメも頭の上を通り過ぎる

トンネル水槽から見た光景。

新潟市水族館「マリンピア日本海」でみられる魚群になって水槽の中を泳ぐ、イワシの群れ

魚群になって水槽の中を泳ぐ

イワシの群れ。

新潟市水族館「マリンピア日本海」にいる世界三大珍味のキャビアで有名なチョウザメ

世界三大珍味のキャビアで有名な

チョウザメ。

チョウチョウウオなど色鮮やかな熱帯魚の泳ぐ新潟市水族館「マリンピア日本海」のサンゴ水槽

チョウチョウウオなど

色鮮やかな魚の泳ぐサンゴ水槽。

ヒトデやウニなど海の生き物に触れる、新潟市水族館「マリンピア日本海」のタッチプール

ヒトデやウニなどに触れる

タッチプール。

新潟市水族館「マリンピア日本海」で一番人気のイルカショー

水族館で大人気となっている

イルカショー。

水しぶきも飛び散る息の合った大ジャンプ

水しぶきも飛び散る

息の合った大ジャンプ。

新潟市水族館「マリンピア日本海」で1日に3回、見ることのできるラッコの食事タイム

1日に3回、見ることのできる

ラッコの食事タイム。

歩いたり、泳いだりする姿の可愛いフンボルトペンギンのいる新潟市水族館「マリンピア日本海」

歩いたり、泳いだりする姿の可愛い

フンボルトペンギン。

コメント

450種・20000点の魚や水中生物を飼育する新潟市水族館「マリンピア日本海」。入館は有料です。

館内で一番大きい水槽が、水量800トンの日本海大水槽で、トンネル状になっているので、上を向けば魚のお腹も見え、海中を歩いている感覚になれます。特に、イワシが群れになって泳いでいる姿は必見。

ショータイムは、イルカショー・トドの食事タイム・ラッコの食事タイムなどがあり、入館したらショーの時間をまずチェックしましょう。

2013年にリニューアルして、屋外に新潟市の自然をイメージした田んぼや池が造られ、ペンギン・トドの展示スペース変更など新しくなりました。掲載した写真はリニューアル前となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加