妙高山の登山ガイド

日本百名山の一つ、越後富士と呼ばれるほどの美しい裾野を持つ名峰

パソコン版・妙高山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・妙高山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

燕新道

燕温泉をスタートして妙高山の北側を通る登山道(下山で利用)

燕温泉をスタートして妙高山の北側を通る燕新道

写真

はクリックすると拡大表示できます
燕新道を使って妙高山頂から燕温泉へ向けて下山開始

この日、燕新道を下山で利用。

山頂から燕温泉へ向けて下山開始→

妙高山の燕新道をスタートすると超が付くほどの下りの急坂

スタート直後から

「超」が付くほどの下りの急坂。

30分ほど急坂を下ると、火打山方面と分かれる妙高山の燕新道の長助池分岐

30分ほど進むと

火打山方面と分かれる長助池分岐。

妙高山の燕新道は、木々に覆われる下りの急坂が続く

その後も木々に覆われる

下りの急坂が続く。

突然、目の前が開け、眺めが良く、休憩に最適な場所な妙高山の長助池に到着

突然、目の前が開け長助池に到着。

眺めが良く、休憩に最適な場所。

長助池をあとにすると草木が茂り、手でかき分けながら進む妙高山の燕新道

長助池をあとにすると草木が茂り

手でかき分けながら進む道。

妙高山の燕新道途中に位置する標高1500m付近から見える妙高山の山頂

更に進むと標高1500m付近から

眺めることのできた妙高山。

途中、小さな沢を超えるが橋はなく、増水時は注意が必要となる妙高山の燕新道

途中、小さな沢を越えるが橋はなく、

増水時は注意必要。

山の中を歩き続けた最後は吊り橋の架かる平坦な道を進み、吊り橋の下は露店風呂「河原の湯」

そして、山の中から吊り橋のある

平坦な道に変わると、あと少し。

吊り橋を渡り、妙高山の燕新道を10分ほど歩くと燕温泉に到着し、下山完了

吊り橋を渡り、10分ほど歩くと

燕温泉に到着し、下山完了。

コメント

この日、燕登山道を使って登ったため、下山は違うルートを選び「燕新道」を利用しました。標高差1330m、距離6800m、下山までの時間は3時間ほどかかりました。

山頂直下の急坂は下るのも大変でしたが、逆に登りだとかなりキツイと思います。あと、登山者が少ないためか、途中、草木が登山道を覆っている場所が何カ所もあり、その都度、手で避けながら進んだので疲れました。

そんなコースですが、長助池では開放感のある湿原を眺めながら休憩できたことが良かったです。ちなみに、燕登山道の途中に山小屋やトイレはありませんでした。

最後の最後で出てくる吊り橋のところから、有名な露天風呂「河原の湯」と日本の滝百選に選ばれている落差80mの「惣滝」へ行くこともできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加