火打山の登山ガイド

日本百名山、様々な高山植物が咲きほこる花の群生地として有名な山

パソコン版・火打山を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・火打山を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(高谷池→山頂)

笹ヶ峰高原からスタートして火打山の南側を登る登山ルート

笹ヶ峰高原からスタートして火打山の東側を登る登山ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
火打山の山頂を目指して、高谷地を出発する登山ルート

※登山道(登山口→高谷池)の続き。

山頂を目指して、高谷地を出発→

登山スタートすると木道が続き、大自然の広がる風景がきれいな火打山

スタートすると木道が続き、

大自然の広がる風景。

登山道の横に咲いていたオレンジ色が特徴のコオニユリ

登山道の横に咲いていた

オレンジ色が特徴のコオニユリ。

登山ルートは「天狗の庭」に到着し、湿原と山のコントラストが絶景

しばらくすると「天狗の庭」に到着。

湿原に映り込む火打山が絶景。

火打山の湿原でひときわ目立っていた白い綿を付けたワタスゲ

湿原でひときわ目立っていた

白い綿を付けたワタスゲ。

湿原をあとにすると火打山の登山道は勾配のある山の中へ突入

開放感ある湿原をあとに登山道は

勾配のある山の中へ突入。

岩がむき出しとなっている火打山の鬼ヶ城の断崖絶壁

むき出しの岩が特徴的な

鬼ヶ城の断崖絶壁。

火打山の登山道の脇で紫色の花を咲かせるヒメシャジンの群落

更に進むと、紫色の花を咲かせる

ヒメシャジンの群落。

標高は2300mを超え、天狗の庭をはじめとした眼下の景色

標高2300mを超え、眼下の景色。

写真中央が天狗の庭。

火打山の頂上に到着

そして、スタートから3時間50分、

火打山の頂上に到着。

コメント

笹ヶ峰高原からスタートするこの登山コースの見どころの一つが後半に出てくる「天狗の庭」周辺だと思います。

目の前には火打山がドンとそびえ立ち、湿原の周りには色々な花が咲き、大群落を作っているものもありました。山と花の両方が楽しめる、登山者しか見ることのできない場所となっています。

山頂まで残り30分くらいの所に「ライチョウ平」と言う場所があり、言葉の通り、運が良いと雷鳥が見られるようです。

あと、トイレは登山口の大型駐車場側と高谷池ヒュッテの2カ所にありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加