焼岳の登山ガイド

1962年に水蒸気噴火を起こし、現在も山頂で噴煙を上げる活火山

パソコン版・焼岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・焼岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(焼岳小屋→北峰)

北アルプスの絶景が広がる上高地からスタートする焼岳の登山ルート

北アルプスの絶景が広がる上高地からスタートする焼岳の登山ルート

写真

はクリックすると拡大表示できます
山頂を目指し、焼岳小屋スタート

※登山道(上高地→焼岳小屋)の続き。

山頂を目指し、焼岳小屋スタート→

焼岳小屋から少し登ると、少しずつ、姿を見せる笠ヶ岳

焼岳小屋から少し登ると、

姿を見せる笠ヶ岳。

焼岳の中尾峠に差し掛かり、雄大な光景が見えてくる穂高連峰

中尾峠に差し掛かり、

雄大な光景が見えてくる穂高連峰。

中尾峠を一端、下った後、焼岳山頂まで険しい登山道が続く

中尾峠からは一端、下った後、

山頂まで険しい上り坂が続く。

急坂の中、道が分かりづらく、マーキング頼りに進む焼岳の登山ルート

急坂が多く、登山道が分かりづらく、

丸印のマーキング頼りに進む。

活火山の焼岳を象徴するように 噴煙を揚げる光景

活火山の焼岳を象徴するように

目の前で噴煙を揚げる光景。

焼岳登山ルートで後を振り向くと絶景で笠ヶ岳・槍ヶ岳・穂高岳

ここで後を振り向くと絶景。

左から、笠ヶ岳・槍ヶ岳・穂高連峰。

焼岳登山ルートから眺める雪景色の穂高と蛇行して梓川が流れる上高地

雪景色の穂高連峰と

蛇行して梓川が流れる上高地の景色。

焼岳山頂を目の前にして、登山道の脇でスゴイ勢いで上がる噴煙

山頂を目の前にして、登山道の脇で

スゴイ勢いで上がる噴煙。

北アルプスが望める大展望の焼岳・北峰に登頂

そして、焼岳の北峰に到着。

山頂からは北アルプスの大展望。

コメント

このルート最大の山場とも言える連続する急坂があって、絶景の望める焼岳登山の後半戦。

焼岳小屋を出発すると、まず、笠ヶ岳が見え始め、その後、槍ヶ岳、穂高、上高地と、次々に姿を見せ、立ち止まっては景色を眺める繰り返しでした。本当に、この登山ルートの後半は展望が良いです。

山頂まで残り30分間は、急坂の連続で楽ではありませんが、噴煙を上げている場所や崩落の跡など活火山を実感できる場所でもあります。特に、山頂直下の噴煙は規模も大きく、黄色の硫黄が岩に付着するくらいの大迫力。しかも、その横を登山道が通っていることにも驚きでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加