八ヶ岳の登山ガイド

南北30kmに渡り、広大な裾野と高い標高を連ねる雄大な姿の名峰

パソコン版・八ヶ岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・八ヶ岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(行者小屋→赤岳)

美濃戸から登り始める八ヶ岳の定番となっている登山コース

美濃戸から登り始める八ヶ岳登山の定番となっている南沢コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
八ヶ岳山頂を目指し、行者小屋を出発する登山コース

※登山道(登山口→行者小屋)の続き。

山頂を目指し、行者小屋を出発→

行者小屋の裏からスタートした八ヶ岳の登山道は少し歩くと、かなりの勾配

行者小屋をスタートして

しばらくすると、かなりの上り坂。

更に歩くと急勾配と変わり、うわさ通りのつらい八ヶ岳の地蔵尾根

更に歩くと急勾配へ変わり、

急坂の地蔵尾根へ突入。

息を切らせ、登り続け振り返ると、眼下に小さく見える行者小屋

息を切らせ、登り続け振り返ると、

眼下に小さく見える行者小屋。

八ヶ岳の登山道から右手に見える赤岳と天望荘

登山道から右手に見える

赤岳と天望荘。

行者小屋から急勾配を登ること1時間、地蔵尾根を突破し、八ヶ岳の尾根に出る登山コース

行者小屋から急坂を登ること1時間。

地蔵尾根を突破し、尾根に到着。

しばらく、景色の良い尾根を歩き、天望荘にたどり着き、八ヶ岳頂上は目の前

しばらく、景色の良い尾根を歩き、

天望荘を通過し、山頂は目の前。

八ヶ岳の山頂を目の前にして想像以上の急勾配で苦戦

山頂を目の前にして、

想像以上の急勾配に苦戦。

先ほどの地蔵尾根よりキツイ登山コースだが、後を振り返ると横岳が絶景

先ほどの地蔵尾根を超える急坂。

しかし、後を振り返ると横岳が綺麗。

スタートから3時間30分、八ヶ岳最高峰「赤岳」に到着

スタートから3時間30分、

八ヶ岳最高峰の赤岳に到着。

コメント

行者小屋から地蔵尾根と赤岳を見ているとキツイ道のりになるだろうとは思っていましたが、想像以上でした。

地蔵尾根は標高が上がるに連れて勾配も増す反面、眼下の景色や赤岳の変化する姿がとても印象的でした。何とか、地蔵尾根を登り切ると、そこから天望荘まで夢のような楽な尾根歩きが続き、景色を眺めるほどの余裕がありました。

しかし、最後の難関は天望荘から山頂まで、写真も掲載しましたが、ものすごい急な岩場で、手を使って登ったところもありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加