奥穂高岳の登山ガイド

長野と岐阜の県境に位置し、日本第三位の標高を誇る北アルプスの名峰

パソコン版・奥穂高岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・奥穂高岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

北穂高岳

標高3106m、切り立った岩壁や岩稜が特徴的な山

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高3106m、切り立った岩壁や岩稜が特徴的な北穂高岳の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
標高3106m、岩に覆われた北穂高岳の山頂

標高3106m、岩に覆われた

北穂高岳の山頂。

北穂高岳山頂は平坦なスペースとなっていて、休憩にも最適

山頂は平坦なスペースとなっていて、

休憩にも最適な場所。

北穂高岳の山頂から見える大キレットの尾根と槍ヶ岳

山頂から見える槍ヶ岳。

手前の尾根は難所の大キレット。

西方向に見える標高2898mの笠ヶ岳

西方向に見える

標高2898mの笠ヶ岳。

収容人数80名、山頂に立つ山小屋の北穂高小屋

収容人数80名、山頂に立つ

山小屋の北穂高小屋。

常念岳から撮影した断崖に立つ北穂高小屋、右は大キレット

断崖の北穂高小屋、右は大キレット。

(常念岳から撮影)

コメント

常念岳や南岳、涸沢岳から北穂高岳を眺めると岩壁のスゴイ山のように見えますが、意外にも山頂は広く、しかも平らで驚きました。そのようなことで、景色を眺めながらお弁当を食べたり、休憩するにはピッタリの場所です。槍ヶ岳・奥穂高岳・笠ヶ岳などの名峰も良く見えます。

ちなみに、北穂高岳~南岳の間の大キレットが難所と言うことは分かっていましたが、北穂高岳~涸沢岳の間も、大キレット並に、結構、岩場がキツイところありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加