白馬岳の登山ガイド

日本百名山の一つ、大雪渓や花畑のある日本有数の豊かな自然を誇る山

パソコン版・白馬岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・白馬岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(大雪渓→白馬岳)

猿倉からスタートして、大雪渓を縦断する人気の白馬岳登山コース

猿倉からスタートして、大雪渓を縦断する人気の白馬岳登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
白馬岳山頂を目指し、大雪渓を出発

※登山道(猿倉→大雪渓)の続き。

白馬岳山頂を目指し、大雪渓を出発→

大雪渓を抜けると次は岩場の急勾配が続く白馬岳の登山道

大雪渓を抜けると

次は岩場の急勾配が続く登山道。

登山の疲れを少し忘れさせてくれる高山野鳥のイワヒバリ

登山の疲れを少し忘れさせてくれる

高山野鳥のイワヒバリ。

葱平(ねぶかっぴら)に到着するが巨石が横たわり、大きさに唖然

葱平(ねぶかっぴら)を通過。

巨石が横たわり、その大きさに唖然。

葱平を過ぎた辺りが有名な白馬岳のお花畑が広がりそして、勾配も超が付くくらいキツイ

葱平を過ぎると有名なお花畑。

登山道は「超」が付くほどの急勾配。

白馬岳の登山コースの急坂を登り切り、目の前に見えてくる村営頂上宿舎

急坂を登り切ると

目の前に見えてくる村営頂上宿舎。

稜線に出ると、景色が広がり、白馬岳山頂の姿も望める登山コース

稜線に出ると、景色が広がり、

やっと姿を見せる白馬岳の山頂。

南方向へ目を向けると左に杓子岳、右に鑓ヶ岳

南方向へ目を向けると

左に杓子岳、右に鑓ヶ岳。

登山道は白馬山荘の間を抜けて真っ直ぐ、山頂へ続く白馬岳の登山コース

登山道は白馬山荘の間を抜けて

真っ直ぐ、山頂へ続く。

そして、標高2932mの白馬岳山頂に到着

そして、標高2932mの

白馬岳山頂に到着。

コメント

大雪渓が過ぎると、急勾配の連続で、村営頂上宿舎までは気が抜けない登山道が続きます。

山頂まで高低差が1700mあるので、かなりハードなコースですが、7月中旬~8月中旬ころであれば、高山植物の広がるお花畑が眺められます。

この日の天気は晴れたり、ガスがかかったりしていましたが、大雪渓を歩き、様々な景色が眺められ、変化に富んだコースと言うこともあり、楽しい登山となりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加