塩見岳の登山ガイド

日本百名山の一つ、2つの山頂がある南アルプスを代表する名峰

パソコン版・塩見岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・塩見岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(本谷山→東峰)

鳥倉林道から登り始める高低差・距離ともに長い塩見岳の登山コース

鳥倉林道から登り始める高低差・距離ともに長い塩見岳の登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
塩見岳山頂を目指し、本谷山をスタート

※登山道(登山口→本谷山)の続き。

山頂を目指し、本谷山をスタート→

足を止めて、倒れた木を見ると緑のコケと小さなキノコを発見

しばらくして、倒れた木を見ると

緑のコケと小さなキノコを発見。

このあたりはアップダウンが少なく、周りを木々に覆われ、森林浴気分

このあたりはアップダウンが少なく、

周りは木々に覆われ、森林浴気分。

高い木がなくなり始めると、突然のように始まる塩見岳の急勾配

高い木が少なくなり始めると

突然のように現れる急勾配。

塩見岳登山コースは標高は2600mを越え、目の前は絶景で中央右は、北岳と間ノ岳

標高2600mを越え、目の前は絶景。

中央右は、北岳と間ノ岳。

塩見岳登山で休憩に最適な塩見小屋に到着するとバックは、塩見岳山頂

休憩に最適な塩見小屋に到着。

後の山は目指している塩見岳山頂。

塩見岳登山コースは、塩見小屋から岩肌が露出する急勾配の連続

塩見小屋からは岩肌が露出する

急勾配の連続。

塩見岳山頂が近くなると岩を登るようになり、落石にも注意

山頂が近くなると

岩を登るようになり、落石にも注意。

途中、振り返ると、このような光景で進んできた切り立った尾根

途中、振り返ると、このような光景。

印象的な切り立った尾根。

スタートから6時間、塩見岳山頂に到着し景色は360度の大パノラマ

スタートから6時間かかり、

塩見岳山頂に到着。

コメント

本谷山からは40分ほど、少し下って、少し上る程度の登山道が続き、ハイキング気分で歩けます。また、深い森に覆われていることもあり、立ち枯れした木、地表に出た根っこ、原生林が眺められることも非常に良いです。

その森を抜けて、1時間30分ほどで塩見小屋に到着し、目の前に塩見岳山頂が大きく見え、印象的な光景でした。ここから山頂まで1時間ほどかかり、キツイ急坂や岩場が続き、黄色いマーキングを頼りに登ります。

この登山コースは、距離が往復24kmもあったので、駐車場に戻ってきた頃には日は暮れ、日帰りはかなり疲れました。しかし、この日は天気が良く、登頂した午後でも山頂はガスがかかることなく、周囲の名峰が良く見えたため、終始、楽しい登山となりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加