剱岳の登山ガイド

2009年に映画化された、かつて登頂不可能と言われた断崖絶壁の山

パソコン版・剱岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・剱岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

剱岳山頂

標高2999m、360度の大パノラマが広がる剱岳の頂上

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
標高2999m、360度の大パノラマが広がる剱岳山頂の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
大小様々な岩に覆われる剱岳山頂

大小様々な岩に覆われる

剱岳山頂。

2008年8月、新しくなった剱岳山頂に鎮座する剱嶽社の祠

2008年8月に新しくなった

山頂に鎮座する剱嶽社の祠。

標高2997.07mの剱岳の三等三角点は設置されたのは、2004年8月

標高2997.07mの三等三角点。

設置されたのは近年の2004年8月。

剱岳山頂から眺める剱沢は大きく窪んだ谷が特徴的

山頂から眺める剱沢カール。

大きく窪んだ特徴的な谷。

剱岳山頂から東方向に見える景色は中央が鹿島槍ヶ岳、その左が五龍岳

山頂から東方向の景色。

中央が鹿島槍ヶ岳、その左が五龍岳。

剱岳山頂から北方向に見える景色は中央左が白馬岳、右が鑓ヶ岳

北方向に見える景色。

中央左が白馬岳、右が鑓ヶ岳。

剱岳の測量のために柴崎芳太郎が初登頂した2009年公開の映画「劒岳 点の記」

測量のために柴崎芳太郎が初登頂した

2009年公開の映画「劒岳 点の記」

剱岳山頂から見える長次郎谷は1906年に柴崎芳太郎が登ったルート

山頂から見える長次郎谷は

1907年に柴崎芳太郎が登ったルート。

コメント

2004年に、標高が2998mから2999mに変更された剱岳山頂。

山頂は岩ばかりで、一番高いところに剱嶽社の祠があります。尖った山頂のため、360度の景色が眺められ、これこそ、山の頂上と言えるような場所でした。

登頂して、まず最初に目指したのが三等三角点。映画も見ましたし、本も読みましたし、この三角点がココに設置されたことは本当に素晴らしいと思います。

今から100年前、登頂不可能と言われていた剱岳に三角点を設置するため、測量隊が何度もアタックしました。しかし、失敗の連続で、そんな中、1907年、測量士・柴崎芳太郎を始めとする測量隊が登頂に成功。このときに計測した標高が2998mだったことは、当時の測量技術がいかに高かったか分かります。

しかし、登るのも困難な山のため、機材を運び上げることが出来ず、結局、標石のない四等三角点となってしまいました。そのため、長い間、剱岳には三角点標石がありませんでしたが、測量登頂100周年を記念して、2004年8月に三等三角点が設置されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加