能登金剛の観光ガイド

日本海の荒波によって造り出された複雑で美しい海岸の続く景勝地

パソコン版・能登金剛を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・能登金剛を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

旧福浦灯台

1876年に建設された、国内に現存する一番古い木造灯台

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1876年に建設された、国内に現存する一番古い木造灯台となっている能登金剛・旧福浦灯台の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
静かな福浦港の一角に立つ、旧福浦灯台

静かな福浦港の一角に立つ、

旧福浦灯台。

旧福浦灯台は高さ5mほどで、油を燃やして光る国内に現存する一番古い木造灯台

高さ5mほどの木造灯台で、

油を燃やして光る仕組み。

旧福浦灯台の前は遮る物がなく、水平線まで青い日本海を一望

灯台の前は遮る物がなく、

水平線まで青い日本海を一望。

現在の福浦灯台は、旧福浦灯台から南西方向へ700mのところにある

こちらは現在の福浦灯台。

場所は南西方向へ700m。

コメント

76年間にわたり、光を灯し続け、日本で一番古い木造灯台の旧福浦灯台。

1876年に建設されてから、新福浦灯台ができる1952年まで夜の海を照らしていた灯台で、現在は使用されていません。油を燃やした光で海を照らし、9km先まで届いたようです。

白い灯台と青い日本海がとても綺麗で記念写真を撮るにもピッタリの撮影スポットです。駐車場もあり便利なのですが、そこにたどり着く手前の道が「超」が付くくらい狭いですが、そこを越えると、海が見える駐車場に出ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加