関野鼻の観光ガイド

自然が造り出した断崖が連なる、日本海側で最大となるカルトス地形

パソコン版・関野鼻を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・関野鼻を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

ヤセの断崖

松本清張の小説「ゼロの焦点」の舞台となった断崖絶壁

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
関野鼻・ヤセの断崖の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
能登金剛の観光スポットとなっている高さ35mのヤセの断崖

能登金剛の観光スポットとなっている

高さ35m、ヤセの断崖。

ヤセの断崖に整備されている展望台

ヤセの断崖に整備されている

展望台。

青い日本海と海岸線の続く、ヤセの断崖の展望台からの眺め

青い日本海と険しい海岸線の続く

展望台からの眺め。

2007年に発生した地震により、崩落したヤセの断崖について

2007年に発生した地震により、

崩落したヤセの断崖について。

2001年に撮影した崩落する前のヤセの断崖

2001年に撮影した

崩落する前のヤセの断崖。

2007年の地震で崩落したヤセの断崖

2007年の地震で崩落した断崖。

(写真にある矢印は同じ岩)

今は見ることのできない、地震で崩落前のヤセの断崖の昔の姿

今は見ることのできない、昔の姿。

(2001年4月に撮影)

地震で崩落前のヤセの断崖の上に立ち、のぞき込む姿

断崖の上に立ち、のぞき込む姿。

(2001年4月に撮影)

コメント

高さ35m、突き出た岩場からのダイナミックな景色が眺められることから、能登金剛を代表する観光名所となっているヤセの断崖。見学は無料です。

ヤセの断崖は、好きな絶景スポットのため、この日も期待して向かいましたが、そこにあった姿は言葉を失うほどの光景でした。

2007年3月、マグニチュード6.9の能登半島地震が発生し、「ヤセの断崖」の美しい断崖は崩落してしまいました。全く知らなかったので、現地の説明看板を読んで、しばらく呆然となりました。

地震の震源は、この沖合、目でも見える場所のようで、直撃だったようです。本当に残念。地震の前に訪れていた2001年に撮った写真があったので、掲載しましたが、もう見ることのできない光景です。

地震によって、多数の亀裂が断崖に入ったままとなり、更なる崩落の危険があるため、現在は、安全な場所に展望台が造られ、そこから景色を眺めるようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加