荒島岳の登山ガイド

日本百名山の一つ、独立峰のため、山頂からの展望が良い別名大野富士

パソコン版・荒島岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・荒島岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(登山口→シャクナゲ平)

荒島岳の北斜面を登る定番となっている登山道の勝原コース

荒島岳の北斜面を登ることとなる定番の登山道の勝原コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
勝原スキー場にある登山口から荒島岳山頂を目指し、登山開始

勝原スキー場跡にある登山口。

ここから山頂を目指し、登山開始→

スタート直後の30分はスキー場のゲレンデ跡を進む荒島岳の登山道

スタート直後の30分は

スキー場のゲレンデ跡を進む。

ゲレンデ跡の一番上に到着すると眼下の眺めも良く、開放感ある景色の広がっている荒島岳の登山道

ゲレンデ跡の一番上に到着。

眼下に広がる景色。

荒島岳の登山道はススキが地面を覆い、季節が秋へ移り変わることを実感

訪れたのが10月だったため、

地面を覆うススキの秋らしい光景。

荒島岳のスキー場をあとにして、いよいよ本格的に登山道へ突入

スキー場をあとにして

いよいよ本格的に登山道へ突入。

荒島岳の登山の途中に姿を見ることのできた雄大にそびえ立つ白山。

登山道の途中に見ることのできた

雄大にそびえ立つ白山。

荒島岳の中間地点を過ぎ、残り2kmで徐々に増える登山の急坂

勾配も大きくなるこの辺りは

ブナ林の広がる貴重な森。

小さな看板が出ている名水の荒島岳の水

小さな看板のある名水「荒島岳の水」

この日の水場は枯れた状態。

15分ほど続く、急坂の出現前半で一番キツイ、荒島岳の登山道

15分ほど続く、急坂の出現。

前半で一番キツイ場所。

荒島岳の登山の分岐点のシャクナゲ平に到着

分岐点のシャクナゲ平に到着。

※登山道(シャクナゲ平→山頂)へ続く。

コメント

荒島岳登山の定番となっている勝原コース。

標高360mの登山口から山頂までは、高低差1163m、距離4700m、時間にして2時間30分~3時間ほどの登山コースとなっています。また、登山途中に売店・トイレはありませんでした。

スタートして、長い間、スキー場跡を歩くことになり、楽なのかと思っていたら意外と勾配ありました。淡々としたゲレンデ跡のため、どちらかというと疲れていた下山の方が、足にこたえました。

スキー場を過ぎると、山深い登山道をひたすら登ることとなり、白山の見えるビューポイントもありますが、ほとんど景色は期待できません。

このエントリーをはてなブックマークに追加