荒島岳の登山ガイド

日本百名山の一つ、独立峰のため、山頂からの展望が良い別名大野富士

パソコン版・荒島岳を紹介する登山ガイドの地図 モバイル版・荒島岳を紹介する登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道(シャクナゲ平→山頂)

荒島岳の北斜面を登る登山道となっている勝原コース

荒島岳の北斜面を登る登山道となっている勝原コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
荒島岳山頂へ向けて勝原コースのシャクナゲ平を出発

※登山道(登山口→シャクナゲ平)の続き

山頂へ向けてシャクナゲ平を出発→

勝原コースは一端、下り、その後、急坂の始まる荒島岳の登山道

スタートして一端下り、

その後、急坂の始まる登山道。

登山道の勝原コースから木々の間から見えた大野市内の田園風景

木々の間から眼下に見えた

大野市内の田園風景。

急勾配に、木の根・岩場も出現し、ペースの上がらない勝原コースの登山道

急勾配に、木の根・岩場も出現し、

ペースの上がらない登山道。

キツイ登山道の続く中で、ホッとできる景色が霊峰白山の姿

キツイ登山道の続く中で、

ホッとできる景色が霊峰白山の姿。

紅葉の間から見える特徴的な形をした小荒島岳

紅葉の間から見える

特徴的な形をした小荒島岳。

急坂を何とか登り切ると見えてくる荒島岳山頂方向と高い木はなくなり、地面を覆う笹とのんびり尾根歩きが続く

急坂を登り切ると見える山頂方向。

高い木はなくなり、地面を覆う笹。

登山で訪れた10月末は荒島岳が紅葉をしていて綺麗

訪れた10月末は

山々が紅葉をしていて綺麗。

荒島岳山頂を前にして続く登山道と尾根歩き、眼下の景色も綺麗で、山々も雄大

山頂を前にして続く尾根歩き。

眼下の景色も綺麗で、山々も雄大。

広いスペースがあり、展望の良い、荒島岳山頂に到着

広いスペースがあり、展望の良い

荒島岳山頂に到着。

コメント

勝原コースの後半となるシャクナゲ平から山頂までを掲載しています。

シャクナゲ平からは急坂があり、最後はのんびりと尾根歩きができ、変化もあるため、なかなか楽しめました。特に、前半と違うことは、大野市内や白山、周りの山々などの景色が眺められます。

コース全体で高低差が1200mもあるため、楽な登山ではありませんでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加