永平寺町の観光ガイド

大本山永平寺の門前町や宿場町として栄えた自然豊かな山あいの町

パソコン版・永平寺町を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・永平寺町を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

永平寺

1244年、道元禅師が修行道場として創建したお寺

1244年、道元禅師が修行道場として創建した永平寺

写真

はクリックすると拡大表示できます
鎌倉時代に開かれた曹洞宗の大本山永平寺

鎌倉時代に開かれた

曹洞宗の大本山永平寺。

永平寺の境内は大変広く、そのため、案内板に従って進む見学スタイル

境内は大変広く、

案内板に従って進む見学スタイル。

紅葉とのコントラストが綺麗な永平寺で一番古い建物の山門

永平寺で一番古い建物の山門。

紅葉とのコントラストが綺麗。

永平寺の山門に祀られている守護神の四天王

山門に祀られている

守護神の四天王。

小高い場所にある法堂をつなぐ、山の斜面に造られている階段廊下

小高い場所にある法堂をつなぐ

山の斜面に造られている階段廊下。

掃除が行き届き、床がピカピカの階段廊下を上り下りして見学する永平寺

階段廊下を上り下りして見学。

掃除が行き届き、床はピカピカ。

静寂な空気が漂う、読経や法要が行われる永平寺の法堂

静寂な空気が漂う

読経や法要が行われる法堂。

230枚の絵が天井に埋め込まれる傘松閣の大広間

230枚の絵が天井に埋め込まれる

傘松閣の大広間。

永平寺の建物の基礎を固めるために使用した長さ4mの巨大すりこぎ

建物の基礎を固めるために使用した

長さ4mの巨大すりこぎ棒。

修行僧に合うことも多く、カメラを向けない永平寺の見学マナー

修行僧に合うことも多く、

カメラを向けない見学マナー。

コメント

深い山々の中、樹齢700年の杉が周りに立ち、静寂な空気が流れ、神聖な霊域となっている永平寺。参拝には拝観料が必要になります。

永平寺の境内は東京ドーム7個分の広さがあり、大小70の建物、200名の修行僧が毎日、修行を行っています。

他のお寺と大きく違うことは、修行僧の方とすれ違うことにあります。カメラを向けたり、話しかけたり、廊下は左側通行、建物から外に出て歩かないなど参拝マナーがあります。

永平寺には七堂伽藍と呼ばれる、山門・仏殿・僧堂・庫院・東司・浴室・法堂があり、修行を行う上で重要な建物となっています。

永平寺に伝わる古文書などの貴重な資料を展示する宝物館「瑠璃聖宝閣」もありますので、忘れないように見学しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加