名古屋港の観光ガイド

観光スポットやレジャー施設が集まる人気の名古屋ベイエリア

パソコン版・名古屋港を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・名古屋港を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

南極観測船ふじ

1965年から18年間に渡り、南極観測に携わった砕氷船

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
1965年から18年間に渡り、南極観測に携わった砕氷船の南極観測船ふじの360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
南極博物館として利用されている南極観測船ふじ

南極の博物館として利用されている

南極観測船ふじ。

南極観測船ふじの後方は甲板になっていてヘリコプターを3機を搭載可能

後方は甲板になっていて

ヘリコプター3機を搭載可能。

舵やレーダーなどが装備され、船をコントロールする南極観測船ふじのブリッジ

舵やレーダーなどが装備され

船をコントロールするブリッジ。

南極観測船ふじの艦内はリアルな人形で再現していて、230人の食事を作ったキッチン

230人の食事を作ったキッチン。

船内はリアルな人形を使って再現。

8帖の広さに、ベット2つ、机やロッカーの備わった第13士官室

8帖の広さにベッドが2つ

机やロッカーもある士官寝室。

南極観測船ふじで驚きの光景は、個室のない一般乗組員105人分の三段ベッド

驚きの光景は、個室のない

一般乗組員105人の三段ベッド。

南極の気候や観測について紹介する展示コーナー

南極の気候や観測について紹介する

展示コーナー。

南極の昭和基地近くで採取した貴重な氷を展示している南極観測船ふじ

南極の昭和基地近くで採取した

貴重な氷を展示。

コメント

現役を引退し、1985年から名古屋港で一般公開されている「南極観測船ふじ」。見学は有料です。

艦内は4階フロアに分かれていて、医務室・理髪室・調理室・機関室・デッキなど、地球17周分の航海を行った船内を見学できます。

また、2017年にリニューアルして、大型スクリーンを使った体感型の映像シアターなど展示内容が新しくなりました。

船について、特殊な構造をしている砕氷船は、分厚い氷を船の重みを利用して割り航行する必要があり、船首の重量だけで割れない場合は、燃料までも利用しています。船体の前後左右に大型タンクが設置されていて、ポンプで燃料を移動させ、重量を増やす仕組み。

引退後は、排水量が2倍となった「しらせ」に南極任務を譲り、その「しらせ」も老朽化し、現在、最新型の南極観測船「二代目しらせ」が2009年から観測を行っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加