犬山の観光ガイド

愛知県の最北に位置し、かつて城下町として栄えた観光スポット

パソコン版・犬山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・犬山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

旧磯部家住宅

江戸末期に建てられた登録有形文化財に登録される商家

江戸末期に建てられた登録有形文化財に指定される旧磯部家住宅

写真

はクリックすると拡大表示できます
呉服商を営んでいた商人が建てた犬山の旧磯部家住宅

呉服商を営んでいた商人が建てた

旧磯部家住宅。

1階の通り庭から見上げると屋根裏まで続く高い吹抜が特徴の旧磯部家住宅

1階の通り庭から見上げると

屋根裏まで続く、特徴的な吹抜。

旧磯部家住宅で色鮮やかで印象的な渡り廊下のベンガラ(弁柄)

色鮮やかで印象的な

渡り廊下のベンガラ(弁柄)

アトリエやイベントなどに利用されている旧磯部家住宅の土蔵

アトリエやイベントなどに

利用されている土蔵。

コメント

本町通りに面していて、呉服やお茶の販売を手がけた商人が建てた旧磯部家住宅。入館は無料です。

旧磯部家住宅は、土地209坪、建物面積77坪ある築150年の商家で、表通りから見るとそれほど大きく見えません。

しかし、建物内に入ると、土間があり、通り庭があり、中庭があり、その奥には土蔵まで建てられていて、実に奥行きは60mにも及び、驚きました。

また、屋根の葺き替え等、1年をかけて行われた修復工事には1億円もかかったそうで、柱も壁も綺麗でした。

入館無料なので気軽に江戸末期の建築様式を見学できるオススメスポットとなっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加