香嵐渓の観光ガイド

四季折々の美しい景色が楽しめ、紅葉の名所となっている景勝地

パソコン版・香嵐渓を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・香嵐渓を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

足助城

400年前、この地方を領有していた鈴木氏が築いた山城

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
400年前、この地方を領有していた鈴木氏が築いた山城の足助城の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
戦国時代に山城が築かれていた香嵐渓の足助城

戦国時代に山城として築かれていた

足助城。

香嵐渓の足助城のある場所は標高301mの真弓山頂

足助城のある場所は

標高301mの真弓山頂(矢印の所)

発掘調査を行い、忠実に再現された香嵐渓にある足助城の高櫓と長屋

発掘調査を行い

忠実に再現された高櫓と長屋。

香嵐渓の足助城高櫓から眼下に眺められる足助町の街並み

高櫓から眼下に眺められる

足助町の街並み。

高台に建てられてた台所として使われた足助城の厨

高台に建物が立つ

台所として使われた厨(くりや)

厨は室内を見学することができ、当時の様子を再現している香嵐渓の足助城

厨は室内を見学することができ

当時の様子を再現。

コメント

戦国時代に山間部で勢力を持っていた一族の鈴木氏が築城した足助城。入城は有料です。

1990年に本格的な発掘調査を行い、その結果を元に建物の大きさや位置を計算して忠実に山城を復元し、1993年に足助城跡公園としてオープンしました。

全国的にみても、発掘調査を元にして正確に再現された山城は珍しく、また、その時、発掘された貴重な遺物は、足助資料館に展示されています。

お城と言えば、天守閣を想像してしまいますが、足助城は遙かに小さな建物となっています。足助城が築城された戦国時代では天守閣が造られることはなく、立派な天守が建てられるようになったのは江戸時代からです。

このエントリーをはてなブックマークに追加