土肥の観光ガイド

伊豆半島の西海岸に位置し、江戸時代から金や銀の採掘で栄えた町

パソコン版・土肥を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・土肥を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

土肥金山

国内第二位の産出量を誇った金山をテーマにしたテーマパーク

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
国内第二位の産出量を誇った金山をテーマにしたテーマパークの土肥金山の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
広い敷地に様々な施設のある土肥金山<

広い敷地に様々な施設のある

土肥金山。

かつて、金を採掘していた坑内めぐりのできる土肥金山

かつて、金を採掘していた

坑内めぐりの入口。

土肥金山の坑内は電球が灯され、出口まで400mの見学コース

坑内は電球が灯され、

出口まで350mの見学コース。

土肥金山では人形を使用して当時の様子をリアルに再現

江戸時代の採掘風景を

人形使用してリアルに再現。

金の採掘について模型や写真で紹介する土肥金山の資料館

金の採掘について

模型や写真で紹介する資料室。

丸い皿を使い、砂の中から探す砂金採り体験のできる土肥金山

丸い皿を使い、砂の中から探す

砂金採り体験。

土肥金山の名物となっている重さ250kgの大金塊

土肥金山の名物となっている

重さ250kgの大金塊。

10億円の大金塊は誰でも自由にさわれる激レア展示軒を土肥金山

10億円の大金塊は

誰でも自由にさわれる驚き展示。

土肥金山の敷地の庭を泳いでるコイも黄金色

敷地の庭を泳いでるコイも

もちろん、黄金色。

土肥金山おみやげコーナーに並ぶ、金塊チョコレート

おみやげコーナーに並ぶ

金塊チョコレート。

コメント

江戸時代から金40トン・銀400トンを採掘し、1965年に閉山した土肥金山。入館は有料です。

総延長100km、地下180mまで採掘された坑道の中で地上にある350mほどを整備して一般公開しています。

今は電気があるので明るいですが、昔は油に火を付けた酌(しゃく)を持って移動し、しかも、換気が悪く、酸欠で倒れる人もいたようで、随所に送風機が設置してあったようです。

土肥金山と言えば、ギネスブックにも登録されている世界一の大金塊が有名で、実際、触ることができます。250kgあるため、2018年の金価格で12億円となり、一生のうちで触れる物の中で一番の高額になると思います。

ちなみに、造られた2005年当時の金価格に直すと4億円なので、別の意味、最高の投資と言えるかもしれません。

金は身近な金属ですが接する機会は少なく、土肥金山では様々な施設で金をテーマに楽しめるため、面白く、オススメの観光スポットです。

このエントリーをはてなブックマークに追加