土肥の観光ガイド

伊豆半島の西海岸に位置し、江戸時代から金や銀の採掘で栄えた町

パソコン版・土肥を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・土肥を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

天正金鉱

様々な工夫が残る江戸時代に採掘していた手掘りの坑道

様々な工夫が残る江戸時代に採掘していた手掘りの坑道の天正金鉱

写真

はクリックすると拡大表示できます
手掘りの採掘が特徴となっている天正金鉱

手掘りの採掘が特徴となっている

天正金鉱。

天正金鉱では案内人のあとをついて進み、説明を聞きながらの見学コース

案内人のあとをついて進み

説明を聞きながらの見学コース。

天正金鉱の見学する坑道は狭く、段差のある全長は約100m

見学する坑道は狭く、段差があり、

全長は約100m。

金づちと鏨(たがね)を江戸時代の掘削跡がみられる天正金鉱

金づちと鏨(たがね)を使って彫られた

江戸時代の掘削跡。

天正金鉱は間近で見ることのできる左から右へ走る金鉱脈

間近で見ることのできる

左から右へ走る金鉱脈。

精錬して金を取り出していた施設の遺構のある天正金鉱

精錬して金を取り出していた

施設の遺構。

コメント

現代に残る貴重な手堀りの金坑道となっている龕附天正金鉱(がんつきてんしょうきんこう)。見学は有料です。

近くにある「土肥金山」の方は観光化されていて、それと対照的なくらい、派手さのない小さな坑道でした。

しかし、手堀りと言うことで、その痕跡だけでなく、煙突や換気壁、防音装置など様々な工夫が取り込まれていて、感心してしまう見学ポイントが多かったです。

アットホームな案内人のガイドを聞きながら見学するので分かりやすく、「これが、金鉱脈です!」と教えてくれます。

このエントリーをはてなブックマークに追加