伊勢(内宮)の観光ガイド

一生に一度はお伊勢参りとも言われ、年間800万人が訪れる観光名所

パソコン版・伊勢神宮(内宮)を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・伊勢神宮(内宮)を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

伊勢神宮(内宮)

2000年の歴史を持ち、全国にある天照大神を祀る神社の総本社

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
2000年の歴史を持ち、全国にある天照大神を祀る神社の総本社となっている伊勢神宮(内宮)の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
木々に覆われ、静寂な空気が漂う伊勢神宮の内宮

木々に覆われ、静寂な空気が漂う

伊勢神宮の内宮。

天照大御神が祀られる伊勢神宮内宮の正宮の手前の石段より先は撮影禁止の聖域

天照大神が祀られる正宮。

これより先は聖域のため、撮影禁止。

天照大神の荒御魂を祀り、正宮に続いてお祭りが行われる伊勢神宮の内宮の荒祭宮

天照大神の荒御魂を祀り、

正宮に続いて祭りが行われる荒祭宮。

伊勢神宮の内宮にある神田で収穫されたお米が収納される神明造りの御稲御倉

神田で収穫されたお米が収納される

神明造りの御稲御倉。

荒祭宮の近くに立つ巨大な神宮杉は、伊勢神宮の内宮でパワースポットして人気の杉

荒祭宮の近くに立つ巨大な神宮杉。

パワースポットして人気の杉。

伊勢神宮の内宮にある社殿を持たない神様の四至神はパワースポットとして有名な石神

社殿を持たない神様の四至神。

パワースポットとして有名な石神。

伊勢神宮の内宮に参拝する前に身を清める場所の五十鈴川お手洗場

参拝する前に身を清める場所の

五十鈴川お手洗場。

伊勢神宮の内宮でタイミングが良ければ見られる神様に仕える真っ白な神馬(しんめ)

タイミングが良ければ見られる

神様に仕える真っ白な神馬(しんめ)

お札・御守りの授与を始め、ご祈祷が行われる伊勢神宮の内宮の神楽殿

お札・御守りの授与を始め、

ご祈祷受付が行われている神楽殿。

参拝者の休憩施設となっている参集殿では、伊勢神宮の内宮の解説ビデオも流れていて必見

参拝者の休憩所となっている参集殿。

伊勢神宮の解説ビデオが流れ、必見。

コメント

内宮と外宮の2社を始め、別宮・摂社・末社・所管社を合わせた125社からなっている伊勢神宮。内宮は正式には皇大神宮(こうたいじんぐう)と言い、天照大神を祀っています。参拝に拝観料は必要ありません。

日本の総氏神とも呼ばれ、全国の神社の中で根本となるお社で、古くから「お伊勢さん」と親しまれて多くの人が参拝に訪れています。

五十鈴川に架かる宇治橋を渡り、広い参道となっている神苑を過ぎると、周りは高い木々に覆われるようになり、「凜」とした空気も漂っているようにも感じます。

境内の一番奥にたどり着くと、写真も掲載した天照大神が祀られる正宮があります。特別な場所となっていて、ご神前は「心静かにお参りをするためだけの場所」と言われ、石段より先での撮影は禁止となっています。

また、私幣禁断と言う言葉もあり、天皇以外にお供えが許されていません。そのため、賽銭箱はなく、個人的な願い事を叶えようと手を合わせてもいけません。日頃のお礼や報告をするようにしましょう。

20年に1度の神様の引越「式年遷宮」が2013年に行われ、更に境内にはパワースポットとなっている場所もありますので、たくさんの力を頂いて帰りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加