桜ノ宮の観光ガイド

市内を流れる大川のほとり、水都大阪としても注目度の高い桜の名所

パソコン版・桜ノ宮を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・桜ノ宮を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

天神祭奉納花火

天神祭の最終日に開催される、大阪を代表する花火大会

天神祭の最終日に開催される天神祭奉納花火

写真

はクリックすると拡大表示できます
1000年の歴史を誇る天神祭のその最終を飾る花火大会

1000年の歴史を誇る天神祭の

フィナーレを飾る花火大会。

大川のほとり、大阪市内で眺めることの出来る天神祭奉納花火

100万人以上が訪れる

天神祭奉納花火。

天神祭奉納花火は約3000発の花火が打ち上げられ、内容も盛りだくさん

色鮮やかな花火が打ち上げられ

その数は約4000発。

大阪市内で打ち上げられるため、迫力ある天神祭奉納花火

市内で打ち上げられるため、

迫力ある光景が見物可能。

大阪城天守閣の横から眺める天神祭奉納花火

こちらは大阪城天守閣の横から見る

天神祭の花火。

ビルの上に小さく見える程度の大阪城からの天神祭の花火

大阪城からだとかなり小さい。

ちなみに写真左上の光は飛行機。

天神祭では大川の両岸には数え切れないほどの露天が並ぶ

天神祭に合わせ、大川の両岸には

数え切れないほどの露天が並ぶ。

天神祭の花火でよく利用するOAPタワー前の広場

目の前で花火が打ち上がる

OAPタワー前の広場。

コメント

天神祭は、日本三大祭の一つと呼ばれていて、毎年7月24日・25 日に開催される大阪天満宮の祭り。その開催期間の最後に行われ、大阪の夏の風物詩となっている天神祭奉納花火。

100万人以上が、大川の周辺で見物するため、座れたとしてもスゴイ混み混み状態です。花火の打ち上げ場所は、2ヵ所あり、造幣局横と桜ノ宮グラウンドとなっています。

大阪市内であれば、どこにいても結構、見えますが、近くで見たい時は、写真を掲載したOAPタワー前の広場に少し早く行って場所取りして見物しています。ここは、川を挟んで向かい側のグラウンドから打ち上がるので、大きくて、迫力もあり、オススメの場所です。

このエントリーをはてなブックマークに追加