桜ノ宮の観光ガイド

市内を流れる大川のほとり、水都大阪としても注目度の高い桜の名所

パソコン版・桜ノ宮を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・桜ノ宮を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

毛馬水門跡

水害から市内を守るために造られたレンガ造りの水門跡

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
毛馬水門跡・桜ノ宮の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
水を貯めて船を通すための施設の毛馬水門跡・毛馬閘門

かつて、水を貯めて船を通していた

毛馬閘門。

毛馬水門跡は高さ10mにも及ぶ巨大扉も近くで見学可能

高さ10mにも及ぶ巨大扉も

近くで見学可能。

流れる水量を調整する施設跡の毛馬水門跡・毛馬洗堰

流れる水量を調整する施設跡

毛馬洗堰。

かつては、下を運河が流れていた1914年に造られた毛馬水門跡の眼鏡橋

昔はこの下を運河が流れていて

1914年に造られた眼鏡橋。

毛馬水門の跡地は 桜の名所としても有名

毛馬水門の跡地は

桜の名所としても有名。

ノスタルジックなレンガ造りと桜が咲き誇る毛馬水門跡水路からの景色

ノスタルジックなレンガ造りと

桜が咲き誇る水路からの景色。

水を貯めて高低差のある2つの川を行き来していた毛馬水門跡の当時の写真

水を貯めて高低差のある2つの川を

行き来していた当時の写真。

毛馬水門跡の横にある砂利採掘船が通過中の現在の水門

こちらは、現在の水門。

ちょうど、砂利採掘船が通過中。

コメント

大阪市内から少し離れた淀川のほとりにある毛馬水門跡。

昔は、何度も洪水の被害を出し、そのような水害から大阪市内を守るために、1910年に建設された毛馬水門。

大きく分けて、水量調節する毛馬洗堰(あらいぜき)と船を通すための毛馬閘門(こうもん)が保存されていて、共に2008年、国の重要文化財に指定されました。

掲載した写真のように石造り・レンガ作りとノスタルジックな雰囲気が漂う場所で、大阪にもこんな所があったのか!と思ってしまう観光ポイントです。遺跡や遺構が好きな方には、特にオススメします。問題は、近くに駅がなく、アクセスは良くないですが、桜の季節は花見をしたり、写真を撮る人も多く訪れます。

このエントリーをはてなブックマークに追加