万博公園の観光ガイド

1970年に開催された日本万国博覧会の跡地に造られた記念公園

パソコン版・万博公園を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・万博公園を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

太陽の塔

万博公園のシンボルとなっている、高さ65mの塔

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
万博公園のシンボルとなっている、高さ65mの太陽の塔の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
芸術家・岡本太郎氏が制作した太陽の塔

芸術家・岡本太郎氏が制作した

太陽の塔。

顔の表情が特徴的な太陽の塔を下から見上げたところ

下から見上げると

立体的で特徴ある顔の表情。

太陽の塔を後から見たところは、正面とは正反対の「黒い太陽の顔」

後から見ると

正面と正反対の「黒い太陽の顔」

夜空に浮かび上がるライトアップされた太陽の塔

夜空に浮かび上がる

ライトアップされた太陽の塔。

2018年3月より始まった内部公開の受付窓口

2018年3月より始まった

内部公開の受付窓口。

万博期間中、900万人が内部に入って見た「太陽の塔」について

万博期間中、900万人が見学した

太陽の塔の内部。

コメント

万博公園のシンボルとなっている岡本太郎氏がデザインした太陽の塔。

1970年の万博開催時は内部の見学もできましたが、終了後は耐震問題があり、一般公開は行っていませんでした。

しかし、耐震補強と復原工事を行い、2018年3月19日より、半世紀ぶりに内部の一般公開が開始されました。

見学は有料となっていて、公式ホームページで事前予約が必要となり、4ヶ月先まで空きがないほどの人気となっています。当日は、受付を済ませると20名くらいのグループになって、地下から最上階へ向かって階段を登りながら見学します。なお、内部は撮影禁止となっています。

実際に見学してみて、中心にある高さ40mの「生命の樹」、生物の進化オブシェ、赤いLEDライトに包まれる内部は、想像超えるような空間が広がっています。生物オブシェや案内板など万博当時のものが多く利用されていて、そのあたりも必見となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加