餘部鉄橋の観光ガイド

1912年に初代、2010年に2代目が架けられた地上40mの鉄道橋

パソコン版・餘部鉄橋を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・餘部鉄橋を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

展望台

鉄橋を走り抜ける電車の撮影ポイントとしても有名な展望台

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
餘部鉄橋を走り抜ける電車の撮影ポイントとしても有名な展望台の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
餘部鉄橋の撮影では有名な場所となっている展望台

餘部鉄橋の撮影では有名な

展望台。

20mほど登ったところにある餘部鉄橋の展望台入口

餘部駅の横にある展望台の入口。

ここから20mほど登った所。

電車が鉄橋を渡り始めると、多くの人がカメラを向ける餘部鉄橋の展望台

電車が鉄橋を渡り始めると、

多くの人がカメラを向ける展望台。

電車の本数が少ないため、餘部鉄橋を通過する瞬間は印象的

電車の本数が少ないため、

鉄橋を通過する瞬間は印象的。

電車から見た餘部鉄橋の展望台

こちらは、反対に電車から見た

展望台(丸印のところ)

1912年、延べ25万人が携わった餘部鉄橋について

1912年、延べ25万人が携わった

餘部鉄橋について。

コメント

ポスターやパンフレットで良く見かける餘部鉄橋の風景が撮影される場所がこの展望台。

鉄橋を渡る電車を眺めるのも写真を撮るにも、これ以上の場所はないと言えるくらい素晴らしい展望台でした。是非、電車が通過する時間に、登ってそこから景色を眺めてみて下さい。

(掲載した写真は架け替え前の2008年に撮影しています)

このエントリーをはてなブックマークに追加