嵐山の観光ガイド

多彩な観光スポットが集まり、春の桜と秋の紅葉が特に有名な名所

パソコン版・京都嵐山を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・京都嵐山を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

落柿舎

庭に柿が植えられ、そこから名付けられた松尾芭蕉ゆかりの家

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
落柿舎・京都嵐山の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
周りは木々に覆われ、静かな佇まいの落柿舎(らくししゃ)

周りは木々に覆われ、静かな佇まいの

落柿舎

松尾芭蕉も訪れた落柿舎の室内の様子

室内の様子。

松尾芭蕉も訪れた場所。

名前の由来にもなっている柿の木が植えられた京都嵐山の落柿舎

名前の由来にもなっている

柿の木。

秋になると、実をたくさん付けるため、人気の観光スポットとなっている京都嵐山の落柿舎

秋になると、実をたくさん付けるため、

人気の観光スポット。

コメント

松尾芭蕉の弟子となる向井去来が住んでいた場所で、芭蕉も訪れた落柿舎(らくししゃ)。入館は有料です。

変わった名前の由来は、庭の柿がたくさんの実を付けたため、売ることにしたが、その直後、台風で落ちてしまい、このような「落柿舎」と言う名前になったそうです。

嵐山の紅葉シーズンと重なるように、ピッタリと柿が実を付けるので、是非、立ち寄ってみて下さい。茅葺き屋根の建物と柿は、なかなか絵になる光景です。

このエントリーをはてなブックマークに追加