大山崎の観光・登山ガイド

大阪府と京都府の境に位置し、歴史・文化・名水に恵まれた産業の町

パソコン版・大山崎を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・大山崎を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道

大山崎の歴史や史跡を見ることのできる天王山の定番登山コース

定番となっている天王山の登山コース

写真

はクリックすると拡大表示できます
JRの踏切の所にある天王山の登山口

JRの踏切の所にある登山口。

ここから山頂へ向けて登山スタート→

天王山登山をスタートしてすぐに現れる大黒天が祀られている宝積寺

スタートしてすぐに現れる

大黒天が祀られている宝積寺。

宝積寺の境内を抜けると本格的な天王山登山道の始まり

宝積寺の境内を抜けると

本格的な登山道の始まり。

途中、山崎聖天からの登山道と合流すると緩い勾配で比較的歩きやすい天王山の道

途中、山崎聖天からの登山道と合流。

緩い勾配で比較的歩きやすい道。

京都にある天王山登山口から20分ほどで見えてくる酒解神社の鳥居

スタートから20分ほどで見えてくる

酒解神社の鳥居。

鳥居の横には展望台があり、名神高速や伏見が見渡せる天王山の展望

鳥居の横には展望台があり、

名神高速や伏見が見渡せる展望。

この下あたりを名神高速道路の天王山トンネルが走っている場所

この辺りの下、地下深くを貫くのが

名神高速道路の天王山トンネル。

京都にある十七士の墓。1864年、長州勢の真木和泉らが戦いの末、自決した天王山

十七士の墓。1864年、長州勢の

真木和泉らが自決した場所。

静かな山の中、酒解神社が見えてくると、天王山の山頂まで、あと少し

静かな山の中、酒解神社が

見えてくると、山頂まで、あと少し。

スタートから40分ほどで天王山の山頂に到着

スタートから40分ほどで

天王山頂上に到着。

コメント

JR京都線の踏切からスタートする天王山の登山道。山頂までは高低差250m、距離1600m、時間にして40分ほどの登山コースとなっています。

急勾配がないので、思っていたより、楽な道で、お寺・史跡・展望台などがあり、登山というより、歴史探究のハイキングでした。また、下山は、途中から観音寺(山崎聖天)へ下りました。

往復1時間30分ほどなので、時間があれば豊臣秀吉が築いた城跡を巡る散策はいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加