比叡山の観光・登山ガイド

京都と滋賀の県境にそびえ立ち、古くから信仰の山として開かれた霊場。

パソコン版・比叡山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・比叡山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

西塔(延暦寺)

根本中堂から少し離れた場所に位置し、釈迦堂を中心とする西塔

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
西塔(延暦寺)・比叡山の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
深い森に覆われ、ひっそりと建つ、延暦寺の西塔

深い森に覆われ、ひっそりと建つ

延暦寺の西塔。

比叡山で最古の建築物となる延暦寺の西塔にある転法輪堂(釈迦堂)

比叡山で最古の建築物となる

転法輪堂(釈迦堂)

同じ建物が左右に並ぶ、延暦寺西塔のにない堂は左側が常行堂、右側が法華堂となっています

同じ建物が左右に並ぶ、にない堂。

左側が常行堂、右側が法華堂。

中央に渡り廊下があり、このことから「にない堂」とも呼ばれる

中央に渡り廊下があることから、

「にない堂」と呼ばれている建物。

延暦寺西塔の周りは大きな杉の木に覆われ、見事なコケのじゅうたん

周りは大きな杉の木に覆われ、

見事なコケのじゅうたん。

国の重要文化財に指定される延暦寺西塔の転法輪堂(釈迦堂)

国の重要文化財に指定される

転法輪堂(釈迦堂)について。

コメント

にぎやかな東塔とは違い、訪れる人が多く、杉林の中に静かに建っている西塔。参拝には拝観料が必要です。

ここには、重要な2つのお堂があり、一つは豊臣秀吉によって、園城寺(三井寺)から移築されたお堂(転法輪堂)。もう一つが、同じ建物が渡り廊下でつながり、弁慶にまつわる伝説も残るお堂(にない堂)。ともに国の重要文化財に指定されています。

時間があれば、是非、西塔にも足を運んでみてください。車だけでなく、東塔からは山の中を歩いて行くこともできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加