大津の観光ガイド

琵琶湖の南岸に位置し、陸上と水上交通の要衝として繁栄した町

パソコン版・大津を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・大津を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

石山寺

747年に創建した、国宝や重要文化財の歴史建造物が多数ある寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
747年に創建した、国宝や重要文化財の歴史建造物が多数ある石山寺の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
滋賀県で一番古い木造建築物で、国宝に指定される石山寺本堂

滋賀県で一番古い木造建築物で、

国宝に指定される石山寺本堂

源氏物語が書かれたと伝わる石山寺にある紫式部源氏の間

ここで源氏物語が書かれたと伝わる

紫式部源氏の間

800年前に、源頼朝の寄進で建てられた石山寺の国宝「多宝塔」

800年前、源頼朝の寄進で建てられた

国宝の多宝塔

木々の間に立つ石山寺の多宝塔は日本最古の建築

木々の間に立つ多宝塔。

多宝塔としては日本最古の建物。

左右に仁王像が立つ、1190年に建てられた石山寺の東大門

左右に仁王像が立つ、

1190年に建てられた東大門

石山寺の東大門から眺める参道は桜が満開になると更に綺麗

東大門から眺める参道は

桜が満開になると更に綺麗

源頼朝と亀ヶ谷禅尼の供養塔と言われる国の重要文化財の石山寺宝篋印塔

源頼朝と亀ヶ谷禅尼の供養塔は

重要文化財に指定される宝篋印塔。

石山寺の名前の由来にもなっている天然記念物「珪灰石」(けいかいせき)

石山寺の名前の由来にもなっている

天然記念物の珪灰石(けいかいせき)

季節は4月上旬、境内の奥の方に咲いていた石山寺の枝垂れ桜

境内の奥に咲いていた枝垂れ桜。

訪れたのは4月上旬

石山寺は、桜・紅葉だけでなく、梅も見ることのできる名所

石山寺は、桜・紅葉だけでなく、

梅も見ることのできる名所

コメント

西国三十三所観音霊場の第13番札所となる石山寺。参拝には拝観料が必要です。

国宝の本堂・多宝塔、重要文化財の東大門・鐘楼・宝篋印塔、国の天然記念物に指定されている珪灰石、そして、 紫式部ゆかりの地と、驚くばかりのお寺でした。

境内は、かなり広く、遊歩道が整備されていて、奥の方には庭園までもありました。桜・紅葉・ボタン・梅など、一年を通して、様々な花を見ることもできます。

車でのアクセスの場合、石山寺の前に大型の駐車場が整備されていて、その周辺は食堂やレストラン、おみやげ屋、旅館などがあります。電車を利用する場合、京阪石山寺駅から800mほど離れています。

また、近江八景の「瀬田の唐橋」、レンガ造りの「南郷の洗堰」などを川の上から眺めることができる遊覧船「瀬田川リバークルーズ」もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加