奈良の観光ガイド

世界遺産や歴史的建造物が現代に残る、奈良県を代表する観光名所

パソコン版・奈良を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・奈良を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

興福寺

669年、藤原鎌足夫人が夫の病気回復を願い建立したお寺

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
興福寺・奈良の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
高さ50m、国内2番目に高い興福寺の五重塔

高さ50m、国内2番目に高い五重塔。

左側の東金堂と共に国宝。

興福寺は西国三十三所観音霊場の九番札所

西国三十三所観音霊場の九番札所。

八角形の南円堂(重文)

かつてこの場所に建っていた興福寺の中門

かつてこの場所に建っていた

中門の基礎跡。

近くにある猿沢池から見た興福寺の五重塔

近くにある猿沢池から見た五重塔。

定番のビューポイント。

夜にライトアップされる興福寺五重塔

夜にライトアップされる五重塔。

光と影のコントラストが美しい。

猿沢池の水面に映り込む夜の五重塔

猿沢池の水面に映り込む

夜の五重塔。

コメント

2010年より、興福寺の中金堂は再建が開始され、大がかりな足場や囲いが組まれています。復元される中金堂は、幅36m、奥行23m、高さ21mの建物で、総工費60億円をかけて、2018年に完成予定。その後、中門と回廊も再建予定だそうです。

境内の参拝に拝観料は必要ありませんが、国宝館と東金堂へ入るには拝観料が必要になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加