大台ヶ原の観光・登山ガイド

日本百名山の一つ、原生林の大自然が残る一方で森林破壊の進む山

パソコン版・大台ヶ原を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・大台ヶ原を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

正木峠

山全体が立ち枯れとなり、急速に森林破壊が進む峠

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
正木峠・大台ヶ原の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
正木峠の一番上にある休憩スペース

正木峠の一番上にある

休憩スペース。

大台ヶ原の「負のシンボル」となっている正木峠のトウヒの立ち枯れ

大台ヶ原の「負のシンボル」と言える

トウヒの立ち枯れ。

生きている木は一本もない正木峠

地面はササに覆われているが、

生きている木は一本もない。

50年前まで森だったとは思えない正木峠の光景

こちらは、横たわる死んだ木。

50年前まで緑の森だった場所。

コメント

テレビや観光ガイドで、何度も見ていましたが、実際、正木峠の立ち枯れの中心に立ってみると、言葉を失うほどのインパクトでした。

ほんの50年前までは、全国的にも珍しい針葉樹のトウヒが森を形成していたようです。ところが、1959年、死者5000人を出した伊勢湾台風が直撃し、多くの木が倒され、それ以降、太陽の日が届くようになった地面は、ササが大繁殖。そこで、ササを主食にしている鹿が急激に増え、大事な木の皮まで食べ尽くし、現在のような大規模な立ち枯れが発生したようです。

地面には、ササが生えてはいますが、山全体が死んでいるようにも感じられ、大台ヶ原で一番、印象的な光景でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加