葛城山の観光・登山ガイド

春はツツジ、秋はススキ、冬は樹氷が有名な標高959mの山

パソコン版・葛城山を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・葛城山を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

登山道

ロープウェイ沿いに登る大和葛城山の定番登山コース

ロープウェイ沿いに登る葛城山の定番登山道

写真

はクリックすると拡大表示できます
ロープウェイ乗り場にある葛城山の登山口

ロープウェイ乗り場にある登山口。

ここから山頂目指して登山スタート→

葛城山にあるくじらの滝

しばらくすると最初のビューポイント

くじらの滝。

タイミング良く、葛城山ロープウェイが通過

その後、木々の間を見上げると

ロープウェイが通過。

目を奪われるほどの葛城山の自然美

この辺りから勾配がきつくなるが、

周りは目を奪われるほどの自然美。

杉林の中を進む葛城山の登山道

このコースで一つの見どころでもある

杉林の中を進む登山道。

ブナ林が広がる美しい葛城山の新緑

標高も高くなり、さらに進むと

ブナ林が広がる美しい新緑。

葛城山山頂が近づき階段が続き、最後の難所

山頂が近づくに連れて

階段が続き、最後の難所。

大日大聖不動明王を祀る葛城山の天神社

階段が終わると目の前に現れる

大日大聖不動明王を祀る天神社。

初めて見える眼下の景色

のんびり歩いていると

初めて見える眼下の景色。

葛城山の山頂に到着し、登山終了

スタートから1時間30分。

葛城山の山頂に到着し、登山終了。

コメント

葛城山の登山道はいくつかありますが、今回紹介するのはロープウェイ乗り場に登山口がある定番コース。

山頂まで、綺麗に整備されていて、とても歩きやすい登山道でした。登山口から山頂までは、標高差640m、距離3500m、時間にして1時間30分~2時間コースです。

葛城山に訪れる人のほとんどは、ロープウェイを使って上るため、登山道はそれほど多くの人を見かけることはなく、終始、静かな山の中を歩くカンジでした。特に、植林された杉林を通り抜ける時や新緑の美しいブナ林が広がる光景は印象的でした。

しかし、標高差が640mもあるため、それほど楽な山ではありません。急勾配や階段が続き、息切れるほどの場所もありました。山頂付近まで景色を眺められるビューポイントがないことが残念でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加