鳥取砂丘の観光ガイド

年間100万人が訪れる日本海の海岸に広がる国内最大の砂丘

パソコン版・鳥取砂丘を紹介する観光ガイドの地図 モバイル版・鳥取砂丘を紹介する観光ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

砂の美術館

砂を使って彫刻した砂像を展示する世界で唯一の美術館

砂を使って彫刻を行う砂像を展示する世界で唯一の美術館となっている砂の美術館

写真

はクリックすると拡大表示できます
鳥取砂丘にある世界初となる砂像彫刻を展示する砂の美術館

世界初となる砂像彫刻を展示する

砂の美術館。

五輪マークを表現している冬季オリンピックの砂像を展示する砂の美術館

五輪マークを表現している

冬季オリンピック。

世界的に有名な絵画となっているムンクの叫びを砂像で造っている砂の美術館

誰もが知る有名な絵画

ムンクの叫び。

砂の美術館では世界中の彫刻家が参加していて細部にいたるまで繊細な作品

世界中の彫刻家が参加していて

細部にいたるまで繊細な作品。

2006年のスタートから昨年までの作品を写真で紹介している砂の美術館

2006年のスタートから

昨年までの作品を写真で紹介。

砂と水を使って砂像を造る屋外の砂場コーナーのある砂の美術館

砂と水を使って砂像を造る

屋外の砂場コーナー。

一番最初となる屋外展示の様子。

(2006年に撮影)

第1期の屋外展示のテーマは

イタリア・ルネサンス。

コメント

鳥取砂丘の観光スポットとなっている「砂の美術館」。入館は有料です。

2006年より、期間限定で行われるようになった砂のイベントが年を重ねるたびに大規模となり、海外の砂像家・彫刻家による様々な展示を行うようになりました。2012年には、美術館としての建物が完成し、屋内展示が始まりました。

毎年、テーマを決めて、大がかりな造り直しを行っていて、そのため、冬期の制作期間3~4ヶ月間は休館となります。

実際に目の前で見ると、想像していた大胆な造りとは全く違っていて、細かく、綺麗に彫刻され、素晴らしい作品ばかりとなっています。砂でこんな細かい作品ができることに深く感心しました。

砂の博物館が始まった2006年に撮影した写真もありましたので、2枚掲載しました。当時は屋外展示だったので維持するのが大変そうでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加