宮島の観光・登山ガイド

日本三景の一つ、年間400万人が訪れる日本を代表する景勝地

パソコン版・宮島を紹介する観光と登山ガイドの地図 モバイル版・宮島を紹介する観光と登山ガイドの地図

地図上の施設や案内は右上のメニューから選択できます

大鳥居

宮島のシンボルとなっている、厳島神社の沖合に立つ鳥居

  • □【表示エラー】パノラマ写真が表示できません。
  • □ パノラマ写真を表示するには、HTML5/CSS3対応ブラウザー(IEはVer9以上)、
  • □ あるいは FlashPlayer Ver9以上が必要となります。
  • □ あるいは、スマホなどで画面を縦から横向きへ回転した場合、
  • □ 更新ボタンを押して再読込みを行うと表示されます。

パノラマ写真

画面をマウスや指で動かすと360度が見られます
宮島のシンボルとなっている、厳島神社の沖合に立つ大鳥居の360度パノラマ写真

パノラマ写真

画面を触ると360度が見られます

写真

はクリックすると拡大表示できます
厳島神社から150mの沖合に立つ宮島の大鳥居

厳島神社から150mの沖合に立つ

大鳥居。

宮島の大鳥居は見た目以上に大きく、高さ16m、重さ60トン

鳥居は見た目以上に大きく、

高さ16m、重さ60トン。

潮が引くと砂浜が顔を出し、鳥居まで歩いて行くことが可能

潮が引くと砂浜が顔を出し、

鳥居まで歩いて行くことが可能。

夕方に撮影した大鳥居から伸びる光が美しい宮島の光景

夕方に撮影した大鳥居。

鳥居から伸びる光が美しい光景。

コメント

宮島のシンボルで、記念写真の撮影スポットにもなっている、国の重要文化財に指定される大鳥居。

高さ16mはビル4階に匹敵し、重さに至っては60トンあり、単純に計算して車50台分となります。大鳥居は海底に固定されてなく、その重みだけで立っています。

潮が引くと、鳥居の所まで歩いて行くことができ、朱色のクスノキに触ったり、写真を撮ったりできます。また、岸から鳥居までは厳島神社の境内になっているため禁止されていますが、鳥居より沖では潮干狩りもできるようです。

近くへ行ける大鳥居ですが、問題は干潮の時間に合わせて行かないと潮が引いていません。目安としては、潮汐表を見て、潮位100cm以下になる時間であれば鳥居まで行けます。潮汐表は、宮島観光協会のホームページに掲載されています。

また、満潮ころに出航する小型観光船「ろかい舟」が近くから乗れるので、潮が満ちているときに利用すると鳥居の所まで行って、海上から眺められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加